ニュース&ブログニュース&ブログ

2016.08.23土地探し・選び方のコツ2

事前に希望エリアの価格のチェック

❐「土地の適正価格」を調べましょう。土地は定価のない「オープン価格」で、

 近隣相場が設定されています。土地が相場や下記の3種の価格から、適正

 な価格かどうかを判断しましょう。

 ①公示価格・・・国土交通省が毎年1月1日に全国3万数千の「標準値」につ

 いて、土地価格の適正指標として公表。

 (参考)国土交通省のHP「土地総合情報システム」で検索

 不動産の取引価格もこちらで調べられます。

 ②路線価・・・国税庁が毎年1月1日に市街地の道路に沿った宅地について

 価格を評価して定めます。主に相続税の算出に使われます。

 ③実勢価格・・・不動産会社や住宅会社のチラシ広告などに表示される土地価格

 おおむね、実勢価格=相場といえます。

 実勢価格>公示価格>路線価となります。

 実勢価格の約70~80%が路線価の目安と言われています。

 路線価÷0.7~0.8=実勢価格=相場となります。

 ※超人気エリアの沸騰価格には当てはまりません。

❐フリーペーパー、新聞、インターネットで希望エリアの売り土地情報を収集しましょう。

 土地所在地、坪単価を地図に記載すると希望エリアの時価坪単価を把握しやすく

 なります。

❐土地探しの基本知識を得た上で、実際にどのような土地かを目で確かめて、希望エリア

 の土地の相場観を身につけることが大切です。良い条件の土地がでてきても決断できず

 他の人に買われてしまうこともあります。

❐不動産流通の基本として相場以下の土地は出回らないと考えてください。土地は基本的

 に相場で取引されるもの。早く売らなければ価値が下がる建売住宅やマンションの場合と

 違い、土地はあくまでも「土地」。 完成品を買うのとは別物です。

 ※一般的に、プロが仲介する適正な土地取引には「掘り出し物」はないとお考えください。

 「掘り出し物の土地を探したい」とお考えになる方は、競売物件の購入や地主さんとの直

 接取引をする方法もありますが、権利関係が複雑になるため、一般の方にはリスクが高い

 取引方法になります。

 

2016.08.22土地探し・選び方のコツ1

土地調査 

「マイホームを建てたい」しかし、「条件に合う土地が見つからない」と嘆く方がいます。

不動産業者さんや建築業者さんへ「土地を探して」と依頼されているだけの方が多いのではない

でしょうか?

土地探しの出発点はご自分の目で見て、足で歩いて、実際に確かめることです。

具体的にはどのようにすればよいのでしょうか?

段階に分けて、土地探しの方法やポイントをご紹介したいと思います。

土地探しを思いついたら家族会議を開こう(希望する家がその土地に建てられるかがポイント)

 「土地探しの流れ」は

❐①家族会議→土地情報の収集→土地の検討→現地調査

 ②購入申込→重要事項説明→売買契約→ローン契約→土地決済

 どの工程もしっかりと情報を集め自らの目で確か見ることが重要です。

❐「なぜ家を建てるのか」を明確にしたうえで、どこの場所が最適かを家族で決めましょう。

 将来の住み替えや二世帯同居の可能性などの将来計画を検討し、家族がどんな生活

 をしたいのかライフプランを整理しましょう。

❐希望する土地の条件をリストアップし、予算、環境、面積、形状、道路状況、生活利便性、

 交通の便、こどもの学区など優先順位をつけましょう。

❐土地は最低限どれだけ必要か決めることが大切です。

 過去の資料(平成22年度フラット35融資利用者)によると敷地面積は住宅面積の1.7倍

 (全国平均)となっています。目安としてお考えください。

トリミング優良土地探しのコツP.1.2

❐敷地の方角だけにこだわる必要はありません。「南向き」は絶対条件ではなく、北向き

 西向きでも安くて良い条件の時もあります。南向きは玄関が面しリビングが暗くなった

 り、道路からの視線が気になるなど、ご家族にとって良くないこともあります。

トリミング優良土地探しのコツP.3.4

❐学区にこだわり過ぎると見つけにくかったり、割高になります。子どもがその校区の学校に行くのは9年間。

 少しだけ考え直すと意外な選択肢が生まれるかもしれません。

❐土地探しに最適な時期は冬です。日当たりの最も悪い時期に検討できるので土地の良し悪しを見極めやすい

 と思います。

 

2016.08.18樋の落ち葉対策について

お客様から、隣地からの「落ち葉対策検討」のご依頼を受けました。

近隣に高木の落葉樹がある場所は、どうしても樋に落ち葉が詰まりがちです。

樋をつけなければ詰まる事もありませんが、雨水対策としてはうまくありません。

対応策としては、樋自体にカバーを付けるのが一般的だと思いますが、カバー

も数種類あり、後々のメンテナンスも容易で金額面も適正なカバーを現物見本を

作成し検討しました。

樋カバー4種類検討

CIMG4103

樋に葉が入らないだけではなく、葉についた土が樋底部に貯まる事も考慮しなけれ

ばいけません。また、カバーに張り付いた葉の掃除の仕方(伸縮棒)もご提案しました。

 

当社屋根模型(原寸大)にて取付方法の検討

CIMG4100

 

2016.08.10土地の測量

住宅建設予定地の土地の測量をしてきました。

土地面積や寸法は必ずしも登記簿や公図と同じとは限りません。

写真の機械は「トランシット」という測量器具です。

主には角度の測定を行いますが、光波測距器がついております

ので、正確に水平距離や勾配距離を測定できます。

CIMG4081

2016.07.31上棟式

本日はO様邸の上棟式でした。

神事終了後、お施主様に土台と柱のビス打ち式もしていただきました。

 

CIMG4037 CIMG4034

IMG_1643 IMG_1650

 

 

2016.07.27地盤改良について

家づくりは基礎工事着手前に地盤調査(6/17付地盤調査の記事をご参照ください)を行い、

支持地盤までの深さ・土質・近隣建物等の状況・金額面などを考慮し、地盤補強が必要な場合

(不動沈下・液状化の防止及び保証)は、補強方法をご提案しお施主様とお打合せの上実施

いたします。当社はベタ基礎を標準仕様としておりますが、上記検討をした上で補強が必要な

場合もあります。

当社の施工例より各種地盤補強方法をご紹介します。

1.栗石による表層改良(浜松市中区M様邸)

表面の土の鋤取り               径20cm程度の鋭角に割った石敷き詰め

150114 009 150114 002 

 栗石敷き詰め+転圧             粒径の小さい砕石で隙間埋め+転圧

150119 004 150119 002

 

 

2.柱状改良(浜松市西区I様邸)

柱状改良全景                 杭施工先端オーガ      

IMG_1490 IMG_1506

完了

IMG_1497

 

3.鋼管杭(浜松市中区M様邸)

作業全景              鉄杭材料

131219 071 131219 070

現場溶接による杭長調整

131219 081

 

4.砕石パイル(浜松市西区S様邸)

作業全景                    深さ・径確認

140212 037 140212 040

現状土質確認                  砕石パイル

140212 041 140212 045

砕石パイル完了

140212 052

 

それぞれの工法にメリット・デメリットの特徴がありますので、またの機会に工法毎に詳しく

ご紹介したいと思います。

 

2016.07.17建物鳥瞰(住宅模型3)

分解型の模型や色づけ模型を作成して、鳥瞰イメージと色合いを確認する場合もあります。

CIMG3983 CIMG3986

2016.07.16建物外観の決め方(住宅模型1)

お打合せを進めていく上で、立面図やパースなどで外観を確認していただくのですが、どうしても一般

の方にはイメージがしにくい部分があると思います。

当社では、ある程度お打合せが進んだ段階で、住宅模型を作成して、全体イメージをつかんでいただ

くのが有効と考えております。 

     模型(浜北区S様邸)               完成建物

CIMG3978 DSC_0030

模型の段階で、外部から見た外壁窓・天窓・雨戸戸袋などのイメージを確認していただきます。

建物外観を360°イメージできますので、平面・立面図だけではわかりにくい屋根の段差も確認していただけます。

CIMG3980 - コピー - コピー

また、駐車スペースと建物に高低差があったので、玄関までのアプローチや外構のイメージもこの段階から

詳細なお打合せをしていきます。

 

 

2016.07.15ZEHについて5(なぜ一次エネルギー消費量で評価するのか)

一次エネルギー:化石燃料・原子力燃料・水力・太陽光など自然界から得られるエネルギー

二次エネルギー:一次エネルギーを加工して得られるエネルギー(電力・灯油・ガス)

S16071215001

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム