浜松市で地震に強い家や木の家のことなら田畑工事

ニュース&ブログニュース&ブログ

2017.09.15「木」のプロにお話をうかがいました!~その2~

家族が末永く健康に暮らせる木の家をご提供する浜松の工務店・田畑工事です。

今回は前回(9/8「木」のプロにお話をうかがいました!~その1~)に引き続き、

当社が普段からおつきあいしている「不動川材木店」の小池社長に

当社の木の家づくりや木の家の魅力についておうかがいします。

IMG_9441_re  IMG_9435_re

————————

Q:『田畑工事』の木の家づくりについて、どんな感想をお持ちですか?

 

A:「雨楽な家」に代表されるように、無垢材をふんだんに使っているところがすごくいいと思いますね。

それは、木をたくさん使ってくれると材木店が儲かるからという意味ではなくて(笑)、

もちろんお客様の建てた後の暮らしを考えて、という意味ですよ。

IMG_2386  6_IMG_4529

 

Q:建ててからの暮らしというと、木の心地よさとか、調湿性とか、経年美とか・・・?

 

A:そういうことももちろんですが、メンテナンスのしやすさもポイントです。たとえば、

「建具」ひとつとってみても、新建材でできた既製品の建具は便利で安いですが、

その建具専用の金具を使っているので、実は修理や交換が大変なんです。

でも、無垢材で造った創作建具の場合は昔からよく使われている金具を使ってつくるので、

修理や交換もお客様ご自身が割と簡単にできるんですよ。

つまり、造りが単純なだけに、メンテナンスも簡単で自分でできるので安上がりなんです。

それに、新建材は日が当たると段々表面のラッピングがめくれてきてしまいますが、

無垢材はそんなことはありませんから、長持ちもしますよね。

確かに、無垢材を使って造作の建具はイニシアルコストがかかりますが、

長い目で見るとメンテナンスや取り換えが便利で、費用も新建材より安いし、

しかも無垢独特の高級感も味わえるので、ぜひおすすめします。

玄関  玄関

 

Q:逆に、木で建具や建物をつくる場合のデメリットはありますか?

 

A:木は常に呼吸をしているので、湿気が強いと膨張し、弱いと縮みます。

たとえば、真冬は湿気が少ないので床の木材が縮んで隙間がどうしてもできてしまいます。

一方、梅雨時や夏は湿気が多いので木材が膨張し、床板が盛り上がって波打ってしまうこともあります。

それは自然のことなので仕方がないことなのですが、木の種類や使い方、

施工時期によっても隙間の生じ方に差が出ます。つまり、つくり手が木のことをよく知っていないとダメなんです。

腕のいい大工職人は、建物の完成時期が夏か冬かによって板を張るときの間隔のとり方などを多少変えています。

その点『田畑工事』さんは腕の良い熟練の大工さんが仕事をされているので、

お客様も安心して家づくりをまかせられると思いますよ。

 

Q:木の床や柱を手入れするときにおすすめな方法はありますか?

 

A:スギもヒノキも雑巾を使って乾拭きする程度で大丈夫です。

水を使うとしても固く絞って使ってください。

乾拭きを続けるだけで徐々に木の艶が出てきます。

ヒノキもスギも、拭いているうちに木に含まれる脂(あぶら)が出てきて、

浮造り(うづくり)のように木目がくっきりと目立ってきます。

簡単な手入れを続けるだけでどんどん味わいが増していくのも、木の家ならではの魅力だと思います。

 

 

・・・「不動川材木店」さん、どうもありがとうございました。

『田畑工事』は、これからもお施主様に末永く愛される木の家をご提供していきたいと思います。

 

————————

◆田畑工事HP

https://www.tabatakouji.biz/

 

◆雨楽な家HP

http://www.urac.ne.jp/index.html

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.09.08「木」のプロにお話をうかがいました!~その1~

浜松地域で一戸建ての注文住宅を手がける地域密着型工務店・田畑工事です。

私たちは天然木をふんだんに用いた「木の家」づくりを手がけています。

当たり前のことですが、「いい家」をつくるには、「いい木材」が不可欠です。

そのためには、木の目利きにすぐれた信頼のおける材木店とのおつきあいがなによりも大事です。

 

そこで今回は、『田畑工事』が普段からおつきあいしている「不動川材木店」の小池俊雄社長に

「木」のことや当社の木の家づくりについてお話をうかがいました。

「不動川材木店」は社屋が当社のすぐ近くにあり、

木のことでわからないことなどがあると気軽に声をかけて相談できる間柄です。

IMG_9441_re  IMG_9446_re

—————–

Q:御社は「不動川」という社名が特徴的ですが、その由来は?

 

A:「不動川」というのは、実は浜松市天竜区春野町を流れる気田川の支流のことなんです。

私の祖父が不動川の流域で製材業を始め、浜松に出張所を設けていたのがきっかけで、

父の代から現在の下池川町を本拠地にして材木を卸す仕事を始めました。

『田畑工事』さんとも、もう20年以上のお付き合いになりますね。

 

Q:主に扱っているのはどんな材木ですか?

 

A:地元の天竜材、主にヒノキやスギを主に扱っています。

 

Q:ヒノキやスギの魅力はどんなところですか?

 

A:まず、ヒノキの一番の長所は虫がつかないことです。

「腐っても鯛」じゃないけど、ヒノキはたとえ表面が腐っても、中身は腐らないんです。

それは、ヒノキ特有の「ヒノキチオール」という成分が匂いを放ち、虫を遠ざけるからです。

しかも、同じヒノキでも、特に幹の芯に近い赤みの部分の方が腐りにくいんですよ。

そういう材は20~30年どころか、100年以上長持ちします。

 

Q:材木に「節」があるのを気にする人もいますよね?

 

A:そうですね。でも、実は節がないよりもあったほうが木は長持ちするんです。

なぜなら、節がある材木は、木の芯の部分に近い部分にあたるからです。

先程お話ししたように、芯の部分の方が材木は硬くて丈夫で、長持ちします。

シロアリにも強いし、変な癖も出てこないし、家づくりには最適だと思いますね。

でも節がポコっと抜けてしまった「死に節」というものや、あまりにも大きな節は例外ですがね。

ddm_4667_0219.  吹抜・リビング

 

Q:それらの特性はスギも同じですか?

 

A:そうですね。スギも芯に近い赤みの部分の方が長持ちします。

スギは柔らかくて、断熱性や吸放湿性にすぐれているという特徴があるので、柱・梁といった構造材や下地材、

室内の床・壁・天井から外装・デッキ、桶・樽といったものまで幅広く活用できます。

 

・・・・・さすがは木のプロ。木についてわかりやすく教えていただけました!

次回は引き続き、不動川材木店さんに、当社の木の家づくりや木の家の魅力についておうかがいします。どうぞお楽しみに。

 

—————–

◆田畑工事HP

https://www.tabatakouji.biz/

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.08.25お客様邸をご紹介します!浜松市中区 S様邸~その3~

家族が末永く健康に暮らせる木の家をご提供する浜松の工務店・田畑工事です。

今回は前回(8/118/18)に引き続き、浜松市中区のS様邸の家づくりについてお話しします。

 

「雨楽な家」の新シリーズ「ウラクアンド」で家を建てることにしたS様。

ご夫婦が理想とする暮らしや希望の間取りなどを詳しくヒアリングした結果、

標準仕様を次のようにカスタマイズすることにしました。

 

①小屋裏(ロフト)を設け、広く使えるように屋根の勾配を南北から東西の向きに変更する

 

②各部屋の壁のホタテ漆喰塗りと、杉板張りのバランスを変更する

 

③階高を20cm程度高くする

 

さらに、建物に使う素材のそれぞれの材質や、断熱性などの性能についても丁寧にご説明し、

すべてにご納得いただきました。

 

完成した新居は、無垢材をはじめホタテ漆喰や土佐和紙などの自然素材をふんだんに用い、

「雨楽な家」となんら遜色ない仕上がりです。

IMG_5952_t

土間収納をたっぷり設けた洗い出しの土間、吹抜けが明るさと開放感をもたらすリビング、

ワークスペースにゆとりを持たせたキッチン。

どの空間も木の香りに包まれています。

 IMG_6014_t IMG_6100_t

ご夫婦のご希望でプラスしたロフトの収納スペースやウッドデッキも、

理想通りに仕上がったと喜んでいただきました。

IMG_5925_t IMG_5909_t 

 

半円のダイニングテーブルや飾り棚など、弊社の造作家具も随所にとり入れています。

 

「ウラクアンド」は標準仕様をお客様の暮らしに合わせて上手にカスタマイズすることで、

理想の住まいをリーズナブルな価格で実現できます。

ご興味のある方はぜひお気軽にご相談下さい。

 

◆田畑工事HP

https://www.tabatakouji.biz/

 

◆雨楽な家HP

http://www.urac.ne.jp/index.html

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.08.22雨楽な家 長期優良住宅 地鎮祭

浜松市中区で「雨楽な家 長期優良住宅」の地鎮祭を行いました。

昨日までの雨があがり、非常に良いお天気でした。

「雨降って地固まる」と「ことわざ」にもあるように、よい地鎮祭でした。

お施主のT様おめでとうございます。

来年初旬の竣工を目指して安全に気を付けて工事を行います。

T様ご希望の「しっかりとした木の家」を建てさせていただきますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

jitinsai

2017.08.18お客様邸をご紹介します!浜松市中区 S様邸~その2~

家族が末永く健康に暮らせる木の家をご提供する浜松の工務店・田畑工事です。

今回は前回(8/11・お客様邸をご紹介します!浜松市中区 S様邸~その1~)に引き続き、

浜松市中区のS様邸の家づくりについてお話しします。

 

「雨楽な家」の新シリーズ「ウラクアンド」で家を建てることにしたS様。

プランニングの際には、理想とする部屋の使い方、生活動線、収納スペース、

将来の生活設計などを具体的にヒアリングさせていただきました。

また、ヒアリングによって、「リビングとのつながりを意識した大きなウッドデッキが欲しい」、

「収納スペース+趣味の部屋として、小部屋(ロフト)が欲しい」といったご希望を汲みとることができました。

 

プランニングにあたっては、基本形の建物をどのようにカスタマイズすればご希望に沿った家になるのかを、

わかりやすくプレゼンテーションさせていただきました。

img-117104447_uracand

 

ただし、平面図や立体図、内観イメージ図といった2次元的な図面をご提示するだけでは、

お客様が住宅のイメージを具体的に把握することはできません。

そこで『田畑工事』では、ある程度プランが固まってきた段階で100分の1の住宅模型を作ってご提示しています。

IMG_9519_uracand

住宅図形は実際の建物のミニチュア版ですから、建物を立体的にとらえることができ、

建物の形状や窓位置、間取りなどをより正確にイメージすることが可能です。

さらに、私たちは懐中電灯を使って住宅模型に光を当て、日射状況のシミュレーションも行っています。

東から太陽が昇ると、敷地のどのあたりに日陰ができるのか。

あるいは、室内のどの程度奥まで日が入るのかなどについて、机上で確認することができます。

 

満足度の高い家を実現するには、プランニングの段階でどれだけ完成後の住まいを具体的にイメージできるかが勝負です。

そのために私たちは出来る限りわかりやすいプレゼンテーションをご提供することに努めています。

S様邸の場合も住宅模型をご覧いただきながら、

デザインや間取りだけでなく家の日当たりなどに至るまで詳しくご確認いただきました。

 

標準仕様のカスタマイズ内容と、実際どんな家が出来上がったかについては次回お伝えしますので、どうぞお楽しみに!

 

◆田畑工事HP

https://www.tabatakouji.biz/

 

◆雨楽な家HP

http://www.urac.ne.jp/index.html

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.08.11お客様邸をご紹介します!浜松市中区 S様邸~その1~

浜松で唯一「雨楽な家」を取り扱う工務店・田畑工事です。

夏休み真最中の方も多いかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

猛暑で出掛けるのもおっくうなので、家でゆっくり過ごされているご家庭も多いのではないかと思います。

夏でも涼しくて快適な住まいなら、なおさらでしょうね!

『田畑工事』で家を新築されたばかりのS様も、きっと快適な夏を過ごされていると思います。

そこで今回は、S様との家づくりのエピソードをご紹介します。

IMG_6100_00 IMG_5920_00 

 

S様との出会いは、昨年に浜松市西区で開催した「雨楽な家」の完成見学会でした。

ご家族の主なご希望は次の3つでした。

 

①将来生まれるお子様の健康を思いやり、国産材や自然素材を使って体にやさしい「木の家」を建てたい 

 

②熊本地震の際に倒壊しなかった建物は「耐震等級3」だったとテレビで報道していたので、それと同等の強さの家にしたい 

 

③将来の生活の変化に対応できる家にしたい(壁の追加や模様替えがしやすいこと) 

 

これらのご希望が、「雨楽な家」の新シリーズ「ウラクアンド」にぴったりだったので、

シリーズの特徴と性能、おおまかな金額、さらには国交省の助成金(100万円)が得られる長期優良住宅仕様であることをご説明しました。

その結果、S様も「ウラクアンド」を気に入ってくださり、このシリーズで家を建てることになりました。

IMG_6014_00 IMG_5959_00

 

その後の打ち合わせでは、ご夫婦が理想とする部屋の使い方、生活動線、収納スペース、将来の生活設計などを

具体的にヒアリングさせていただきました。

 

ヒアリングによって明らかになった具体的なご要望は、

  • 趣味の屋外バーベキューがしやすいように、リビングとのつながりを意識した大きなウッドデッキが欲しい 

 

  • 収納スペース+趣味の部屋として、3階と同様に使える小部屋(ロフト)などが欲しい

 

・・・などでした。そこで、それらをプランに加えてお見積り書をご提示しました。

 

プランといえば、「田畑工事」ではご提案内容をできるだけわかりやすくお客様にお伝えするために、

プレゼンテーションにも力を入れています。

次回はS様邸の「ウラクアンド」の家づくりにおけるプレゼンテーション方法と、

「ウラクアンド」のカスタマイズ内容などについて詳しくお伝えします!

 

 

◆田畑工事HP

https://www.tabatakouji.biz/

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.08.01一戸建て住宅 建替え準備工事 

本日から浜松市中区にて住宅の建替え工事が始まりました。

解体工事というと、重機でいきなり壊し始める作業を想像される方がいると思いますが、

最初は準備工事から始めます。どんな準備工事があるかをご紹介したいと思います。

ライフラインの切り離し作業として①水道管をメーター部で切り離し②電気引込線切り離し

③都市ガス引込管切り離し④電話線切り離し⑤廃棄物以外の備品移設(エアコン・照明器具など)

などがあります。それぞれの工事に違う職種の職方が5業種程度入ります。

水道切り離し 引き込み線切り離し ガス管切り離し

水道管切離し            電気線切離し          ガス切離し

電気メーター取外し IMG_3380 IMG_3375

電気メーター撤去          引込線撤去           エアコン移設

その後、周囲に足場を組み、防塵用のネットを張って準備完了です。

足場 ネット

2017.07.22間もなく完成 雨楽アンド(uracand)

浜松で1棟目のuracandが間もなくお引渡しです。

 

南外観

南外観

IMG_6023

リビングダイニング

 

 

2017.07.21風通しのいい住まいづくりの秘訣とは?

自然の光や風を生かした心地いい住まいをご提供する工務店・田畑工事です。

連日猛暑が続き、電気代を気にしながらもエアコンに頼りがちなご家庭が多いのではないでしょうか?

もし自然の風だけで涼しく快適に過ごせたら、節電になるし、冷え過ぎも気にならないし、こんなに良いことはないでしょうね!

そこで今回は、風通しのいい住まいづくりの秘訣について考えてみましょう。

IMG_2910_re

 

窓から風を上手に採り込むには、次の3つのポイントが重要です。

 

①1直線上で向かい合っている窓を2ヶ所以上設ける

風通しをよくするためには、窓を室内に2ヶ所以上設ける必要があります。しかも、窓と窓を1直線に向かい合って配置することがポイントです(窓の大きさは違っても構いません)。

 

②常に開けた状態にしておけるようにする

せっかく風がよく通る窓があっても、周囲の視線や騒音、防犯面が気になって開けておけないというのでは意味がありません。立地条件や周辺環境に合わせて形やサイズを工夫し、常に開けた状態にしておける窓を設けましょう。

 

③風向きを考慮して窓を配置する 

風は気圧の高いところから低いところに向かって吹きます。日本では冬が終わると太平洋高気圧が南に移動するので、一般的に春から秋にかけては風が南から北に向かって吹きます。つまり、基本的に南面と北面に窓を配置すれば、南から吹く風を室内に有効に採り込めることになります。

 

一方、室内では、暖かい空気が軽いので低い位置から高い位置へと上昇します。そのため、建物の低い位置と高い位置に窓を配置すると、低い位置の窓から冷たい空気が入ってきて暖かい空気が上昇し、高い位置の窓から出ていきます。この空気の動きが風になります。市街地など風があまりよく通らない地域では、この性質を利用して建物の最下部と最上部に窓を設ければ家の中に風が通ります。

 

家づくり計画の際には、これらのことを参考に窓の配置を考えてみましょう!

 IMG_3089_re

◆田畑工事HP

https://www.tabatakouji.biz/

 

◆雨楽な家HP

http://www.urac.ne.jp/index.html

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12 

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム