浜松市で地震に強い家や木の家のことなら田畑工事

浜松 家づくりブログ浜松 家づくりブログ

浜松で建築する木の家

新築住宅を検討する時に、間取りや外観の他に、木の家とコンクリートの家のどちらにするかということも、大切な選択です。

 

木の家とコンクリートの家の違いについて、考えてみましょう。

 

日本の気候に合う木造住宅

 

支えあって楽しく仲良く。平

 

日本は、四季に恵まれ、新緑と紅葉、夏の青空と冬景色など、季節の移り変わりを楽しめる美しい国です。

 

しかしそれと同時に、湿度の高さが、暮らしの快適さを損なう部分もあります。

 

木の家、木造住宅の良さは、この日本特有の湿度の高さを、補う働きをする住宅です。

 

その為、日本では昔から、木造住宅が人々に親しまれてきました。

 

日本の木造住宅のほとんどは、在来工法と呼ばれ、古くから伝わる木造軸組構法で造られます。

 

柱と梁、筋交い組み合わせて、木の軸を作り、家の骨組みにする構法です。

 

内部の間仕切壁の位置を動かせるので、間取りの自由度が高いことが、特徴の一つです。

 

間取りの自由度が高いので、ライフスタイルの変化に合わせて、間取りを変えられます。

 

さらに、間取りを変えるだけではなく、増築や減築にも、対応できます。

 

室内環境の調えやすさも、木の家の良さです。

 

木には、熱を伝えない性質、空気中の水分を調整する性質があるからです。

 

木の熱を伝えない性質は、住宅の断熱性を高めます。

 

断熱性の高い住宅は、家の中に侵入してくる夏の暑さを遮り、家の中から逃げていく暖房の熱を抑えます。

 

その結果、夏涼しく、冬暖かい家が生まれます。

 

空気中の水分を調整する性質は、梅雨時には、空気中の水分を吸収して湿度を下げ、冬には、吸気中に水分を放出して、乾燥した空気に潤いを与えます。

 

その結果、湿度の高い時期にも、カビやダニが発生せず、乾燥する時期にも、肌荒れや、呼吸器系の粘膜の炎症を抑えます。

 

ただ、天然の木材は、扱いが難しい建材です。

 

木造住宅の中でも、木造軸組工法で建てる家は、間取りの自由度が大きい分、大工さんの熟練度によって、家の完成度が変わってきます。

 

熟練した大工さんとの出会いが、家づくりに大きな影響を与えます。

 

一方、マンションや豪邸に取り入れられることの多いRC造や、鉄骨造などのコンクリートの家は、斬新な外観デザインにできる良さを持っています。

 

木造では難しい、曲線美を持つ住宅や、壁一面を全て開口部にするというようなデザインの住宅です。

 

また、遮音性が高い為、騒がしい環境に建てる家、反対に長時間楽器の練習をする家族がいる家には、騒音を気にしなくてもすむ家でもあります。

 

ただし、季節の変化に影響を受ける室内環境に関しては、快適とは言えません。

 

コンクリートには、熱を蓄える性質があるからです。

 

夏は、日中に太陽の熱を蓄えてしまう為、日が沈んでからも、室内の温度が下がりにくいのです。

 

反対に、いったん冷えてしまうと、なかなか暖まりません。

 

その為、冬は、暖房をつけても暖まるまでに時間がかかってしまいます。

 

また、コンクリートは、築後数年間は、内部に水分を含んでいます。

 

その為、その水分が抜けきるまでの期間には、結露やカビが、発生しやすい状態が続きます。

 

耐震性と耐久性の高さから、コンクリートの家を検討する人もいますが、木の家にも十分な耐震性と耐久性があります。

 

例えば、木は火事の時に燃えやすいのでは?という考えは、間違っています。

 

確かに薄く削られた木の破片や、乾燥した細い枝はよく燃えます。

 

しかし、住宅に使われる構造材には厚みがあります。

 

厚みのある木材は、表面が燃えても、内部までは燃えないという性質を持っています。

 

その為、もし火事が起こってしまったとしても、柱や梁の強度は損なわれないのです。

 

また、木は、燃えた時に一酸化炭素、二酸化炭素は発生しますが、有毒ガスを発生しません。

 

建材によっては、火事によって、化学的な有毒ガスを発生することがあります。

 

有毒ガスが発生すると、住宅が倒壊しなくても、家の中にいた人が、有毒ガスで深刻な被害を受けることもあります。

 

その他には、瓦は重いから、耐震性を低下させるのでは?という考えも、間違っています。

 

家の構造に調和した瓦屋根であれば、地震が起きた時、屋根のせいで、家が倒壊することはありません。

 

瓦は、見た目が美しいだけではなく、屋根材の中で最も耐久性が高く、木の家にとてもよく調和します。

 

木の家とコンクリートの家を比較する場合には、耐久性や耐震性よりも、外観デザインや、間取りの自由度、室内環境の調えやすさという観点から、考えてみることが大切です。

 

どちらにも良い面がたくさんあります。

 

家族にとっての家

 

livingfukinuke3

 

家は、家族にとって、最も安心できる場所です。

 

帰宅時に、明かりが灯った自宅を見ると、心が安らぎます。

 

そんな家を、常に居心地の良い家にする為には、様々な条件があります。

 

明るく風通しが良く、季節の変化に応じて、常に快適な温度と湿度が保たれている

 

家族全員に十分な居場所がある

 

家の中のどの場所へもストレスなく、自由に移動できる

 

視覚的に満足を感じる内装と外観デザインである

 

常にすっきりした室内を維持できる、活きた収納がある

 

子供の成長や、家族におこる様々な変化に応じて、間取りを変えられる

 

そんな家にする為には、木の家の持つ特徴が大きく貢献します。

 

家を建てる費用の面から考えると、コンクリートの家より、木の家の方が、コストが抑えられます。

 

その分、無垢材をふんだんに使う、住宅設備機器のグレードを上げるなど、こだわりたい部分に、費用をかけられます。

 

浜松で家族の暮らしを守る木の家を建築する工務店

 

田畑工事は、自然素材にこだわって、家族の暮らしを守る家を造り続けています。

 

浜松の地域の財産である、天竜川流域の山林地域から伐りだされる、天竜材という無垢材を使った木の家を建てています。

 

日本国内では、木材の品質が低下し、輸入木材が増えているという、無駄で悲しい現実があります。

 

そのような状況の中で、天竜材は、住宅の建材として、優れた品質を持つ国産無垢材です。

 

天竜川流域の地域は、雪の少ない温暖な気候に恵まれています。

 

その地域の森林の礎は、明治時代に住宅資材に使う為に植林されたスギやヒノキです。

 

植林されたスギやヒノキは、林業に携わる地域の人々によって、長年に渡り守られてきました。

 

そして今でも、木の成長に適した天竜の気候のおかげで、節の少ないまっすぐなスギやヒノキが、すくすくと育っています。

 

天竜材は、油分を多く含んでいるので、ツヤがあり、内装材や建具に使うと、木の美しさが感じられる室内が作られます。

 

田畑工事は、天竜材以外にも、和紙や漆喰、畳や瓦など、日本に昔から続く自然素材を使って、快適な室内環境が調えられる家、家族の健康な暮らしを守る家を造っています。

 

家族にとっての幸せな家、居心地の良い家を大切にし、自然素材にこだわって建築した田畑工事の施工事例をご覧ください。

 

  磐田市 S様邸

 

雨楽な家(真壁)自由設計 二階建延床45.58坪・ロフト7.0帖 認定長期優良住宅

 

appearance1

瓦屋根が美しい二世帯住宅 です。

 

WD1

機能的にも空間的にも大きな効果をもつ軒下を有効活用、家の外でも快適に過ごせます。

 

LDK japanesuroom

居間+キッチン20帖に勾配天井及び屋外空間(ウッドデッキ)6帖が連続性をもって組み合わされた開放感のある空間

 

Children's room

お子様の成長に合わせ、将来は複数の部屋にできるよう設計されたロフトのある子供部屋

 

 瓦屋根が美しい磐田市 S様邸 動画

 

 

浜松で自然素材の家を造る工務店 

「ご家族が生涯を通じて、健康・快適に暮らせる住まい」という創業以来の想いを基に、家づくりをしています。

 

自然素材で建てられた家、一世代だけで終わる家ではなく、子や孫の代まで、心地よく暮らせる家、家族それぞれのライフスタイルに寄り添った家をお考えであれば、ぜひ田畑工事のモデルハウス見学や家づくり相談においでください。

 

 

 

logo

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム