浜松市で地震に強い家や木の家のことなら田畑工事

浜松 家づくりブログ浜松 家づくりブログ

家族の想いに寄り添う浜松の工務店の家づくり 

家は、家族にとって、安心して寛げる場所です。

 

そして、家は、家族がストレスなく、快適に暮らせる場所でなくてはなりません。

 

暮らしやすい家の基本的な条件は、

 

快適に生活できる間取り

 

周辺の環境に左右されない間取り

 

家の中の環境を快適にする住宅性能を持っている

 

の3つが揃っていることです。

 

暮らしやすい家を造る間取りに必要なこと

 

IMG_9308

 

暮らしやすい家は、家族構成と、ライフスタイルに沿った間取りにすることが基本です。

 

夫婦だけの暮らし、子育て中の家族の暮らし、二世帯での暮らしなど、家族によって、家族の人数も構成も異なります。

 

まず初めに、快適な間取りにする為には、家族の人数に見合う床面積が必要です。

 

理想の床面積は、国土交通省の作成した住生活基本計画では、誘導居住面積水準として示されています。

 

誘導居住面積水準とは、「世帯人数に応じて、豊かな住生活の実現を前提として、多様なライフスタイルを想定した場合に必要と考えられる住宅の面積に関する水準」とされています。

 

その水準には、

「都心とその周辺での共同住宅居住を想定した都市居住型」と、

「郊外や、都市部以外での戸建て住宅居住を想定した一般型」の2つがあります。

 

浜松での注文住宅では、「郊外や、都市部以外での戸建て住宅居住を想定した一般型」を参考に、理想の床面積を割り出せます。

 

一般型の世帯人数別の床面積は、

 

単身 55㎡

 

2人家族 75㎡

 

3人家族 100㎡ ただし、未就学児童が1名いる場合には、87,5㎡

 

4人家族 125㎡ ただし、未就学児童が1名いる場合には、112,5㎡

 

とされています。

 

未就学児童がいる、又は、今は夫婦だけだが、家を建ててから子育てをする予定であるというような場合、子供が成長した時の間取りを想定して、床面積を決めておくことが大切です。

 

子供はあっという間に成長するからです。

 

一方、住生活基本計画には、最低居住面積水準も示されています。

 

できるだけ床面積を減らして、シンプルな間取りの家にしたいという場合には、その数字も参考にできます。

 

最低居住面積水準は、

 

単身 25㎡

 

2人 30㎡

 

3人 40㎡ ただし、未就学児童が1名いる場合には、35㎡

 

4人 50㎡ ただし、未就学児童が1名いる場合には、45㎡

 

とされています。

 

もう一つ、間取りプランを作る前に考えなくてはいけないことは、周辺の環境との兼ね合いです。

 

家の内部のことだけ考えて、間取りプランを作ると、暮らし始めてから、問題が発生することがあるからです。

 

道路や隣家との位置関係を考慮して、家の向き、窓と玄関の位置を決めることが大切です。

 

窓は、日当たりと風通しに関わる重要なパーツであると同時に、プライバシーが損害される恐れのあるパーツでもあります。

 

道路や隣家からの視線を妨げられるような窓の大きさ、窓の開閉方法、窓の位置にすることが大切です。

 

玄関は、道路との関係から、家の向きを決める時点で、ある程度位置が限定されてしまうことが多いです。

 

道路からの視線が、ダイレクトに入ってしまうような位置に、玄関を設置しなくてはならない場合、家の奥まで視線が届かないような間取りの工夫が必要です。

 

家族の暮らし方にあった間取り

 

家族の家での過ごし方、家族それぞれの生活の時間帯が、具体的に想定されている間取りが、暮らしやすい家への第一歩です。

 

子供がまだ小さく、母親と子供は、ほとんどの時間をリビングで過ごす

 

子供達は、中学生以上に成長しているが、生活の時間帯がほぼ一緒で、夕食後の時間帯や、休日には、家族全員がリビングで過ごす

 

というような家族であれば、家の中心に広いリビングが必要でしょう。

 

家族がリビングで過ごすことの多い家族は、リビングが散らかりやすいという問題が起こりがちです。

 

そのことも考えに入れて間取りを作らなくてはなりません。

 

家族の玄関からリビングへの動線、リビングからそれぞれの居室への動線を想定し、帰宅後スムーズに上着や荷物を収納できる位置に、収納スペースを作るなどの工夫が必要です。

 

また、現在は子供が小さくても、子供が学校に行き始めてからの生活も、想定しておかなくてはなりません。

 

生活の時間帯が、ほぼ同じ家族では、浴室、洗面所、トイレを使う時間帯も重なります。

 

家族の人数に合わせて、洗面ボールが2つある洗面台にする

 

洗面台を洗面所以外の場所にもう一つ作る

 

子供部屋に設置された洗面台

2階に設置された洗面台

 

トイレは2階にも作る

 

浴室・脱衣室と洗面所は、並んでいても繋げない

 

というような間取りにすると、ストレスなく、浴室、洗面所、トイレが使えます。

 

家族の生活の時間帯がずれている

 

家にいる時間は、それぞれの居室で過ごすことが多い

 

というような家族であれば、リビングを広く取るより、家族それぞれの居室を、ゆったりした居心地の良い部屋にするべきでしょう。

 

生活の時間帯がずれている家族では、お互いの睡眠を妨害してしまうという問題が起こりがちです。

 

それぞれの居室の位置と、水回りの位置を工夫して、遅く帰宅する家族が、早く就寝する家族の睡眠を妨げないような間取りにしなくてはなりません。

 

支えあって楽しく仲良く。平

奥の和室は普段はリビング、来客時には引き戸を閉めて客間として使います。

 

また、気を使うお客様が多いというような家族であれば、客間を作ることが理想です。

 

お客様が多い家庭で、リビングを客間としても使う場合は、リビングにお客様が長時間いらしても、他の家族の行動が、制限されないようにしておくことが必要です。

 

例えば、リビング階段を設置すると、2階にいる家族が、玄関やキッチンに行きにくい、反対に、2階の子供部屋の音がうるさく、お客様にゆっくりしていただけないといった問題がおこることがあります。

 

反対に、たまにお客様があるというような家族であれば、リビングの一部を客間としても使えるよう、引き戸やパーテーションを設置しておく間取りが便利です。

 

普段は開放して、リビングを広く使えます。

 

安心して長く暮らせる快適な家に必要な住宅の性能

 

大地震や大型台風が発生しても、安全を守れる家

 

室内の温度や湿度を調整し、常に快適な環境が作られる家

 

エネルギーが節約できる家

 

この3つは、外してはならない住宅の性能です。

 

でもそれだけではありません。

 

長く暮らすためには、大掛かりな工事をしなくても、ライフスタイルの変化に合わせて、間取りが変更できるということも、求められます。

 

良い家は、3代先まで、良いコンデイションを保ち続けられる住宅です。

 

しかし、良いコンデイションを維持していたとしても、家族の年齢や、世代交代でおこるライフスタイルの変化と、時代の流れによって変わる家族の暮らし方に対応できなければ、暮らしやすい家ではなくなってしまいます。

 

これは、現在、空き家が増えている原因の一つでもあります。

 

社会の変化につれて、家族の在り方も徐々に変わってきています。

 

そして、それとともに、家族が暮らしやすい間取りも、変化します。

 

子育て中には子供の成長に合わせて、暮らしやすさが変わっていきます。

 

子供が独立後には、夫婦の年齢に合わせて、暮らしやすさが変わっていきます。

 

独立した子供夫婦が、家に戻った時には、また別の暮らしやすさが必要でしょう。

 

そのような変化に、対応できる柔軟性のある間取りが、長く住める家に求められます。

 

田畑工事が建てるライフスタイルの変化に対応する家

 

内部間仕切壁や建具等、今後のライフスタイルに合わせて壁の増設や、家具などの配置により変化させていくことができるよう配慮して計画した家です。

 

浜松市中区 I様邸1

 

家族みんなが集まり、それぞれに楽しむことができる18.5帖のプライベートスペースは、今後のライフスタイルに合わせて間仕切りなど増設できるように柱や梁の位置などが考慮されています。

 

浜松市中区 I様邸2

 

いろいろな用途に使える小屋裏収納です。

いろいろな用途に使える小屋裏収納です。

 

浜松で自然素材の家を造る工務店 

「ご家族が生涯を通じて、健康・快適に暮らせる住まい」という創業以来の想いを基に、家づくりをしています。

 

自然素材で建てられた家、一世代だけで終わる家ではなく、子や孫の代まで、心地よく暮らせる家、家族それぞれのライフスタイルに寄り添った家をお考えであれば、ぜひ田畑工事のモデルハウス見学や家づくり相談においでください。

 

 

logo

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム