ニュース&ブログニュース&ブログ

2016.04.01持家と賃貸住宅、どちらが得か

多額の住宅ローンを抱えても持ち家を手に入れるべきか。それとも将来もずっと賃貸住宅に住み続けるべきか。

日本は持ち家率が高く、50代世帯では80%を超えていますが、30代の若い世帯でも最近は持家率が延び、

50%を超えています。その理由は住宅ローンの金利が低いことや、共働き世帯が増えて資金的余裕があることなど。

若い世代の8割が「将来は自分の家がほしい」と考えていることから見ても、わが国では世代を問わず持家志向が

根強いことがわかります。

持家

メリットは

・所有の満足感や資産的価値がある

・増改築が自由で売却や賃貸も可能なこと

デメリットは

・値下がりリスクや住宅ローン返済の不安

・安易に買い替えや引越しができない

・固定資産税などの税金がかかる

一方

賃貸住宅

メリットは

・気軽に引越しができて、入居時の費用負担が軽い

デメリットは

・家賃を払い続ける必要があり、資産価値がない

などがあります。

 

戸建住宅やマンションを購入した場合と賃貸住宅の場合の50年間の経済的負担と資産価値を比べると

持家。賃貸図

 

持家の場合は購入代金、ローン金利、維持費、税金、リフォーム費用などがかかり、賃貸では家賃、共益

費、駐車場料金、敷金、手数料などがかかります。50年間の支出総額は、戸建が7700万円、マンションが

8100万円、賃貸が7320万円となっています。

賃貸の家賃は当初10万円とし10年毎に住み替えると想定しています。

賃貸で注意すべきは物価の変動です。現在の家賃は50年前の2倍以上。50年後の経済負担を計算する

上で物価変動による家賃上昇まで見込むと、賃貸住宅に住み続けるのはちょっと怖くなります。

50年後の資産価値ですが、戸建は土地の資産価値が見込めます。マンションでは土地は敷地権のため

実質的価値は見込めません。賃貸は資産価値ゼロです。老後の不安を解消し、50年後の資産価値を得

るには、早い段階での戸建住宅の取得が一番有利と考えます。

 

 

2016.03.25「雨楽な家」事例紹介(二世帯住宅)

ゆったりした自然の空間で親子仲良く暮らせる二世帯住宅 愛知県・S様邸

 

K
ダイナミックな大屋根と浮世絵色の外壁、無垢の木を活かした和モダンな意匠が個性を
魅せています。本物素材に職人の匠がきらりと光る二世帯住宅です。
漆喰の塗壁や無垢材が調湿力を発揮するので、四季を通してさわやかな空気感。
リビングは高い勾配天井の吹き抜けが心も身体も伸びやかにしてくれます。
木の質感が素足に伝わるウッドデッキは子どもの五感を刺激し豊かな感性をそだてるとか。温もりに満ちた三世代の住まいです。

 

K

のびやかな和瓦の大屋根、生気あふれる無垢の木の柱、バルコニー、デッキの

素材感に惹かれます。

K

桧の床に漆喰の塗り壁、自然の空気感に包まれおいしい手料理に家族の会話もはずみます。

視界が水平に垂直に大きく広がる大空間は心身共にのびのび健やかに暮らせます。

 

2016.03.16住宅計画について2(家相)

住宅を計画する場合、家相を気にされる方は多いと思います。

そもそも『家相』って何でしょう。

数千年も前に中国で考え出された陰陽五行(おんみょうごぎょう)

などの学問が基になって発展した運命学です。

「自然のエネルギー」=「気」の流れる法則を長い歴史と経験か

ら統計的につかむことで、体に快適で住み心地が良く、しかも一家

が繁栄する吉相の家づくりを実現しようというもの。

先人の知恵、建築手法として、現代に通用るものも多くあります。

 

家相の見方

土地の吉方をみる地相もありますが、今回は住宅の家相の見方

のみ簡単にご紹介します。

 kasou 2 kasou1

1.家の中心を求める 

K

家の「張り」ち「欠け」

●張り・・・・・建物の一辺の長さの3分の1以内が出っ張っている場合

●欠け・・・・建物の一辺の長さの3分の2以内が欠けている場合

▼一般的に「張り」は吉相、「欠け」は凶相と言われますが、鬼門方位

 については「欠け」はもちろん「張り」も凶相といわれています。

▼自分の生まれ星の方位(十二支と九星の方位)の「張り」は吉相

※鬼門方位が自分の生まれ星になる場合は東南か西北のどちらか

を張りだせば吉相

①各階毎に中心を求める

②左右分離の完全独立型二世帯住宅はそれぞれを一戸の住宅

として中心を求める

2.正しい北方位を求める

K

3.正中線、四隅線、鬼門線をだす

K

4.二十四山方位を求め、鬼門をだす

K

5.九星方位を求める

K

2016.03.14無垢の木だからキズは入る。でもそれは味に変わる。すぐ手に入る身近なもので簡単お手入れ。

自然素材の家にも弱点があります。無垢の木は乾燥した材でも多少の割れ、反り、ゆがみが来ます。

人が大笑いするのを「破顔する」、果実が熟れて口を開くことや、無垢材の柱や梁に割れが入ることを

「笑みが入る」といいます。そんな木の家の特徴や変化を受け入れながらも、簡単なお手入れで味の

あるオリジナルの木の色に育てていきましょう。素直な無垢の木は手をかけた分答えてくれます。

気をつけるとすれば、無垢の木はよく水や油を吸います。

水拭きをする場合は硬く絞って、木にあまり水気が映らない様に、色の濃いコーヒーやお茶、油はね

等はシミになりやすいので、マメに拭き取るようにしてください。

無垢の木お手入れ1

汚れやすい水廻りやキッチン、よく人が通る場所にはあらかじめワックスやオイル等を摺り込んでおく

事もおススメします。

 

おススメ お米から生まれた「自然塗料キヌカ」

キヌ化

赤ちゃんがなめても大丈夫。『キヌカ』は昔の人が「米糠」で床や家具を磨いていた生活の知恵を現代

に蘇らせた、お米から生まれた自然塗料です。溶剤を使用しておらず無臭、木の家に馴染みやすくで

いています。『雨楽な家』の床のメンテナンスにも使用しています。

 

 

 

2016.03.08無垢の木の経年変化を楽しむ

寺院や神殿にも使われる「無垢の木」は建てたばかりのときは若々しい白木の輝きを魅せます。

時を経て手をかけ、磨きをかけた床は飴色になり、また違った輝きを見せてくれます。

新築時  2年後

上の写真は「雨楽な家」モデルハウスの新築時と、2年後に同じ角度で撮影した写真です。

無垢の桧の柔らかい白木が、築2年後にはツヤがでて色が少し飴色に変わっています。

お手入れはワイパーかけや乾拭きなどの日常的な掃除のみ。柱や天井も渋い木の色を深めています。

下の写真は当社ショールームの無垢床と無垢建具の写真で、6年前と現在の状態です。

100_5958  2160308ブログ

       6年前                             現在

特別な手入れはしていませんし、傷も入りましたが、床板、建具共良い色になり別の木の様です。

自然素材と暮らすには広い心で、時に手を入れることが大切です。

自分で磨いた床や柱はより愛着も湧きます。古美ていくものを大切にするのも日本人の美意識ですね。

 

2016.03.07住宅計画について

CIMG3808

注文住宅の場合、お施主様のご意見を伺いながら計画を進めていくのですが、

図面やパースだけですと、土地に対する建物全体を想像しにくい場合もあります。

当社では本設計に入る前に1/100模型を作成し、建物全体のイメージ、窓の位

置や駐車状況、外構の計画などを大まかに把握していただける様に心がけてい

ます。手作り模型ですので2週間程お時間をいただきますが、イメージがよくわか

ると好評をいただいております。

 

 

2016.02.28住まいとお金5

住宅価値を維持するポイント

現在、住宅戸数は世帯数を上回っています。

これからの国の施策方針としては、新築住宅中心だったものを中古住宅を

活用する方向へとシフトしていくと思われます。

 

平均28年程度で建替えをしていた現状があるのですが、これは家の寿命

が28年ということではなく、

●適切なメンテナンスを行っていない

●耐震性や耐久性(材質の経年劣化・シロアリ対策等)に問題がある

●省エネ性能が低い(寒い暑い)

●設備器具などの陳腐化

●ライフスタイル変化に間取りが対応できていない(バリアフリー化など)

などが大きな原因になっていると思われます。

 

新築住宅計画では家の価値をなるべくおとさない長期的な維持管理がで

きる家づくりが重要になってきます。

具体的には

●新築計画時に将来の間取り変更や減増築が可能な構造計画も同時に検討

●構造に影響を与える部分(シロアリ対策・防水等)は悪くなる前に点検補修

●設備変更に対応しやすい計画(キッチン・浴室・トイレ・各配管類)

●工事履歴を保管する

などを適切に行っていく事が将来に渡りコストダウンにつながると思います。

 

2016.02.25神事について(地鎮祭)

 

 

16030702ブログ記事2

2月24日(大安)にI様邸で地鎮祭を行いました。

地鎮祭とは、着工前にその土地の神様に、工事の無事完成を祈願する儀式です。

お施主様は初めての方が多く、質問を受ける事がよくありますので、地域や神社に

よって違いはありますが、およその流れをお伝えしたいと思います。

①祭壇をお祓いする 「修祓」 (しゅばつ)

②祭壇に神様を招く 「降神の儀」

③工事の安全を祈願する 「祝詞奏上」  

④敷地の四方を清める 「四方祓い」

⑤鎌入れや鋤入れを行い、鎮め物を納める 「地鎮の儀」

⑥玉串を祭壇にまつる 「玉串奉奠」

⑦祭壇から神様を送る 「昇神の儀」

⑧お神酒で乾杯をする「直会」(なおらい)

この中で⑤の「地鎮の儀」の際に、施工者や設計者が鎌入れを、お施主様が鋤入れ

を「エイ、エイ、エイ」との掛け声を上げながら行います。

この後、儀式と直接関係はありませんが、関係者が揃う事が多いので、地縄確認を

同時に行う事が多くなります。

敷地の中で実際に建物が建つ配置を確認したり、壁の中心になる部分を縄で囲い、

土地における家の位置を確認、隣地との距離、屋外設置物(物置、室外機、車等)の

配置なども確認します。

 

 

2016.02.202/20 木の家博覧会のお礼

小雨降る足元がお悪い中、木の家博覧会&相談会にご参加いただいた

全ての方に感謝いたします。

28022001木の家博覧会1

1日だけの開催でしたので、ご都合がつかず、参加できなかった方もいら

っしゃるかもしれません。

当社ショウルームやモデルハウスでも同様のご相談に対応可能ですので、

お気軽にお問合せくだされば幸いです。

28022002木の家博覧会2

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム