浜松市で地震に強い家や木の家のことなら田畑工事

ニュース&ブログニュース&ブログ

2016.07.13ZEHについて3

家庭での用途別エネルギー消費の変化

●冷房が少なく、暖房や給湯、家電が大きな割合をしめています。

S16071214580

政府のエネルギー政策

 ・2020年までに標準的な新築住宅でゼロエネルギーハウスを実現

 ・2030年までに新築住宅の平均でZEH実現

・スマートメーターやHEMSの導入計画

S16071214581

 

2016.07.12ZEHについて2(日本のエネルギー事情)

政府がエネルギー政策として新築住宅の50%をZEH実現を掲げる背景として日本のエネルギ

ー事情があります。

●エネルギー供給は化石燃料に頼っています。

化石(石油・石炭・天然ガス)が92.5%を占め非化石(原子力・水力・新エネルギー・地熱など)

は7.5%となっています。これらから日本のエネルギー自給率は原子力発電を除くと、6.0%

となります。 

S16071214571

●家庭のエネルギー消費量が増えています。

こちらは20年間で1.3倍となっています。

部門別消費

●東日本大震災以降のエネルギー事情

1

●原因はライフスタイルの変化や家庭で使用する機器の増加

<世帯数の推移>  20年間で約1.27倍になっています。

4

<世帯あたりの家電保有数の推移> 家電も生活の変化によりかなり増加しています。

6

2016.07.11Z・E・Hについて1

田畑工事はZEH(ゼロエネルギーハウス)ビルダーに登録しています。

S16071111150 S16071111160 

政府のエネルギー政策では2020年までに新築住宅の50%以上をZEH実現としています。

経済産業省は「ネットゼロエネルギーハウス支援事業」として、125万円の補助金を交付します。

(建物規模によりません)

ZEHとは

●一次エネルギーの年間消費量が正味(ネット)ゼロになる住宅

生活エネルギーを「減らす」と「創る」で「0」になる住宅

S16071214591

 

2016.07.07地震対策(エアー断震装置)

当社施工例より、エアー断震システムの実例をご紹介いたします。

地震の初期微動を感知し、建物を1回の浮上につき、2~3分程度

浮き上げるシステムです。

浮いているので、建物に地震の揺れは伝わりません。

本震の後の余震にも対応が可能です。

システムのご興味がある方はお問合せいただけると幸いです。

 

建物外観

外観

床下エアータンク・配管

エアー断震スステム

お引渡し前 浮上テスト

2016.07.05制震装置 震動テスト

7/4、新築時に制震装置導入をご検討されているお客様に、起震器にて建

物構造を実際に揺らし、パソコンで減衰率をみる「震動テスト」に立ち会ってい

ただきました。

 

CIMG3972

CIMG3971

2016.06.27地鎮祭・建物位置決め

6/23(木)大安に、浜松市西区O様邸で地鎮祭を執り行いました。

CIMG3940

梅雨時期の小雨が降っていたのですが、地鎮祭のタイミングで雨がやみ、祭事

中にはお日様が照ってきました。

こういった雨が降るの中の地鎮祭について、「晴れの日がいいのでは?」とご不

安の声を聞くこともありますが、そういったことはありません。

神主様より施主様にお話しがありましたが、古来より「雨降って地固まる」と云わ

れているように、地鎮祭などでで雨が降ることはかえって縁起が良いともされて

います。また、天からの恵みである雨によって土地が祓い清められるともされて

います。施主様、ご家族様におかれましては大変おめでとうございました。

 

また、地鎮祭終了後に、建物の最終位置決めをします。

建物の位置のみの確認ではなく、車両の位置等の外回り(外構)のおおまか

な計画と併せて確認していきます。図面のみではなく1/100の模型を使用

して、なるべくわかり易いご説明を心がけています。

CIMG3959

2016.06.196/19(2日目)完成見学会のお礼

完成見学会2日目にご参加いただいた全ての方々に感謝いたします。

誠にありがとうございました。

雨楽な家の特徴である、「無垢の木」「土間」「漆喰壁」「和紙」「無垢建具」

「造作家具」などを中心にお話しさせていただきましたが、ご説明が不足し

ていた部分もあるかもしれません。

ご質問等ございましたら、いつでもご遠慮なくお問合せくだされば幸いです。

CIMG3934

CIMG3935

 

2016.06.186/18完成見学会(初日)のお礼

見学会開催の許可をしていただいたお施主様、また「雨楽な家」

見学会へご参加いただいた全ての方々に感謝いたします。

誠にありがとうございました。

明日(6/19)もAM10:00~PM5:00まで開催しております。

「木の家」にご興味を持たれている方、参考になる部分が多々あ

る見学会だと思います。ご参加をお待ちしております。

CIMG3930

 

2016.06.17地盤調査

本日(6/17)現在進行中の浜松市西区I様邸新築工事にて地盤調

査を行いました。

最近特に話題になることの多い、地盤そのものが原因である不同沈

下や液状化を防ぐ為の調査でもあり重要な事ですので、ブログでも

地盤調査の方法や目的の概要についてご紹介したいと思います。

 

CIMG3927

        浜松市西区O様邸

1)試験概要(スウェーデン式サウンディング試験)

貫入に要する荷重と25cm貫入に要する半回転数を計測し、地盤の

硬軟具合を調査します。

先端に取り付けられたスクリューポイントを地盤に貫入させるため段階

的に荷重を増加させていき、10KN(約100kg)に達しても貫入しない

場合は、1.0KNの荷重を裁荷したままロッドを回転させるという方法です。

S16061710030

        スクリューポイント

●不同沈下発生要因の例

住宅の不同沈下事故において盛土が原因になる場合が多くあります。

その原因として、盛土自体の変形や新規盛土下部の変形が考えられます。

盛土下部地盤の変形に対しては、下部地盤の地層構成等が影響するため

沈下終息を待つことになりますが、盛土自体の変形においては盛土材や盛

土の施工管理等を十分に実施することで対策が可能です。

盛土材には良質な砂質土を用い、大きな石等が含まれていない材料を選定

します。10cmを超える石は盛土全体の5%以下となる材料が最適とされています。

締固めは20~30cmごとに転圧(上から圧力をかける)します。

事前に十分な調査と対策をこうじる事が重要です。

S16061710040

 

●液状化

液状化とは、地下水位が高く緩い砂質地盤が震度5以上の地震の発生による

震動で液体のようになる現象のことを言います。

これにより、建物の沈下や転倒、地中構造物の浮き上がり等の被害が起こると

されています。

液状化は間隙が大きい緩く粒径のそろった砂地盤で起きやすくなります。

特に砂丘地帯や三角州、埋め立て地等で発生しやすい現象です。

S16061710041

●軟弱地盤の見分け方

高台に立つとその土地の地形が良くわかります。地表面から2~3m下の地盤

が数千年前の状態をあらわしています。軟弱地盤として取り扱われる地盤は、

後背湿地、三角州、小おぼれたに、潟湖や湿原跡など、海岸平野や大河川

沿いに厚く分布しています。現在の河川がゆったりと流れているような地域は

海岸周辺だけでなく標高の高い盆地でも軟弱地盤が厚く分布している事があ

ります。昔は水はけの悪い軟弱地盤をさけた場所(自然堤防など)に集落が存

在してそこに街道を通していました。しかし、現在の都市の多くは軟弱地盤の

厚い地域を含めて広範囲に広がって分布しています。また、埋立地や干拓地

び様な人工地盤まで都市が拡大しています。

流れのゆるい河川の河口に存在するおぼれ谷、後背湿地などに形成された軟

弱な沖積粘土層は、基底部分の礫層を覆って主に海成や河川性の粘土層が

堆積したもので、軟弱地盤の主体はこれらの粘土層や有機質土からできています。

また、自然堤防や海岸砂州などに形成された砂質の土層は、締まり具合が緩い

状態で、堆積しているため、地震などが起こると地下水面下の砂が液状化する

事があります。

S16061710042

軟弱地盤層からは遺跡は出ないと言われています。地震の揺れの大きさは、特に地表

付近の地盤が軟弱な場所では、硬い地盤の場所に比べて揺れが大きくなります。

また、地下の深い部分の地盤の構造により、地震波の振幅が大きくなる事もあります。

これらの現象は、地震波が硬い岩盤から軟らかい地盤に伝わる時に振幅が大きくなる

ことや、屈折・反射などにより地震波が重なり合って振幅が大きくなるという地震波の

性質によります。地表付近の地盤の状況は地形からある程度判断できます。

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム