浜松市で地震に強い家や木の家のことなら田畑工事

ニュース&ブログニュース&ブログ

2018.08.23施工途中の住宅(構造)をご覧ください!

住宅を検討する際には、

完成した住宅を見て判断することが多いですが、

施工途中の段階(構造部分)を見ることもとても大切です。

IMG_1156

建物が完成してからでは隠れてしまう構造躯体、断熱材、

耐震の仕組み等を実際に目で見て確認することで、

いかに地震に強く、高気密、高断熱の性能を備えているかが

わかるからです。

田畑工事では施工途中の段階が住宅を考える上で一番重要なことだと

考えています。

 

完成住宅の見学と比べると、構造部分の見学は地味で

よくわからないかもしれませんが、

構造を見学できる機会があれば、ご覧いただくことをお勧めします。

 

田畑工事では、来週より1週間、施工途中(構造部分)の現場を

ご覧いただけます。

耐震等級3を標準仕様とし、1棟ごとに構造計算を行って、

「安心・安全な木の家づくり」・「地震に強い家づくり」を

実現している「雨楽な家」の構造をぜひご覧ください。

お問い合わせ・お申込みはお電話またはホームページからどうぞ!

 

◆構造見学会(予約制)

日時:8月27日㈪~9月2日㈯  10:00~16:00

場所:浜松市中区上島にて

 

IMG_4053 

 

 

2018.08.07地鎮祭

O様邸地鎮祭

 

先日、磐田市 O様邸の地鎮祭を行いました。

 

地鎮祭とは「地を鎮める祭り」です。

初めて聞く方も多いと思いますので、簡単に説明させていただきますね。

 

土木、建築工事などで、工事を始める前に土地の神をまつり、

工事の無事と家の繁栄を祈る儀式です。とこしずめのまつり、

とも読みます。

 

家を建てる土地に神主さんを呼んで、祝詞をあげ、お祓いをしてもらい、

これから始まる工事の無事を祈ります。

神主さんを呼んで祝詞を・・・というと、かしこまった感じがしますが、

個人宅で行う場合は、普段の服装で大丈夫です。

地鎮祭にかかる時間は30分程になります。

 

日取りは大安、友引等の吉日を選ぶ方が多いようです。

神道で行う地鎮祭に吉日は関係ありませんが、お祝い事ですので

吉日が多いですね。

日程が決まると当社より神社へ予約をします。特に指定がなければ

五社神社さんへお願いしています。

 

ご用意いただくものは

お施主様は、神主さんへの謝礼として「初穂料」をご用意して

いただきます。のし袋に「初穂料」と書いていただき、当日お持ちください。

式に必要なものは神主さんが用意してくださいます。

(お供え物、祭壇、竹、玉串、しめ縄、鎌、鍬、鋤など)

 

当日は晴天でしたが、

雨の場合はテントを準備して予定通り行います。

 

式もとどこおりなく終わり、

お盆休み明けから基礎工事がはじまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.25木の家勉強会・見学会

施工進行中のお家をお借りして「木の家勉強会」を開催しました。

1時間に1組の予約制で行いましたので、木の家の仕組み・通風採光・収納の工夫を

お時間をかけてご説明させていただくことができたと思います。

ご興味持たれた方はお問合せください。

living wasitu

kadoutana beranda

2kaisinsitu CIMG5329

 

2017.11.05建築中現場の中間(構造)見学

CIMG5202

11/5のご案内風景

雨楽な家は無垢の木(自然素材)をそのまま見せる事が特徴ですので、もちろんキレイに仕上がってからでも構造材などの確認することは容易なのですが、それでも隠蔽部(かくれてしまう箇所)がでてきます。特に当社で検討中の方々には建築中のお家を見ていただく様にしています。当社は営業マンがいませんので、実際に現場管理に携わる人間(田畑隆康・田畑剛)がご案内することになります。どのような事をご説明するのかご紹介したいと思います。

tyukankengaku1  IMG_3875  gaihekisitaji1

柱・梁・断熱材          耐震金物・各部納まり       外壁通気工法

①住宅は基本的にどのような内容で構成されているのか

基礎、土台、柱、梁、壁、天井、屋根はそれぞれどのような役割を果たすのか

①-1 基礎コンクリート種類・地盤補強(杭、改良等)

①-2 土台・柱・梁の材種、サイズ、材料を部位別にかえる意味

①-3 耐力壁、壁量計算と構造計算の違い

②どのような材料、作りがあるのか

②-1構造材料にはどのような材料があるのか

②-2それぞれの材料によって作り方にどのような違いがあるのか

②-3住宅会社や建て方によってどのような材料が選ばれるのか、それぞれのメリットデメリットは

②-4「雨楽な家」はどのような材料、作りで住宅を建てているのか、それはなぜか

③耐震、雨漏れ、気密、断熱、住宅の長期寿命とはなにか

 ③-1 軸組工法における耐震、制震金物の意味及び効果

 ③-2 雨漏れを防止するための工夫

 ③-3 気密・断熱性能と住宅の長期寿命との関係

などです。

本気で住宅建築をお考えの方は、完成時だけではなく、中間の建物をご自分の目でご確認することをおすすめしています。

2017.11.0411/4木の家博覧会(木の家づくり相談会)のお礼

磐田市のワークピア磐田において、本年2回目の木の家博覧会を開催させていただきました。

多くの方に貴重なお時間を使っていただいてご来場いただきました。

お見えになった全ての方に感謝いたします。本当にありがとうございました。

今回は平家(平屋)を計画されている方のご相談が多かったです。

当社では平家の規格プランもありますが、基本的には自由設計ですので、間取り上のどんなご希望

にも応じることができます。お気軽にご質問、お問合せいただければ幸いです。

kinoiehakurannkai1 kinoiehakurannkai 3

 

 kinoiehakurannkai8 雨楽平屋3  hiraya kakakuiri

 

2017.09.29建物の構造をよく知りましょう!

浜松地域で一戸建ての注文住宅を手がける地域密着型工務店・田畑工事です。

工務店選びの際には、できあがった建物を見て判断する場合が多いですが、できあがる前の建物を見ることもとても大事です。

  柱(ヒノキ)圧縮IMG_2870 1-2_170929

なぜなら、その建物が地震に強いかどうかは建物の基礎や構造を見なければわからないからです。

また、断熱性や気密性などの性能についても同じことがいえます。

 

そこで『田畑工事』では、お客様に安心して当社に家づくりをお任せいただくために構造現場を随時ご案内しています。

ちょうど9月26日に浜松市中区上島のお客様邸の上棟がありましたので、

これから完成までの期間はご希望の方にそのお宅の施工現場をご案内することができます。

 

この家は、浜松市域で当社のみが取り扱っている「雨楽な家」シリーズの住まいです。

「雨楽な家」は一棟一棟構造計算を行い、耐震等級3の家を標準仕様とし、安心・安全に暮らせる住まいをご提供しています。

 

構造は木造軸組工法(在来工法)で、「真壁造り」を採用しています。

皆様もよくご存知かと思いますが、「真壁造り」とは日本の伝統的な建築様式のひとつで、

柱や梁などの構造材を現しにしたものです。

木が室内に露出しているので、調湿性や温かみといった木の特性をそのまま住まいの内装に生かすことができます。

 

施工中の建物を見学すれば、「雨楽な家」がいかに地震に強く、

高気密・高断熱の性能を備えているかを充分にご納得いただけることと思います。

 

ぜひこの機会に「雨楽な家」の構造現場をご見学いただき、他社の建物と見比べてみてください。

お問い合わせ・お申し込みはお電話またはホームページからどうぞ!

 

◆田畑工事HP

http://www.tabatakouji.biz/

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.09.26上棟(雨楽な家 認定長期優良住宅)

浜松市中区にてT様邸の上棟を行いました。

「雨楽な家 真壁仕様」で建替えのお家です。T様とは半年以上の期間をかけて入念にお打合せを入念に行い、8月

に既存建物の解体工事から着手しました。その後、敷地内地盤の高さが前面道路より70cm程度高くなるので、土

留め壁の工事を先行して行っていました。

上棟 擁壁 

上棟1 上棟2

外壁の耐震パネルと屋根の防水まで行い、本日の作業を終了しました。

T様に大工さんたちと一緒に昼食をごちそうになり、またお天気にも恵まれいい上棟式を行えました。

T様、本当におめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

2017.09.15「木」のプロにお話をうかがいました!~その2~

家族が末永く健康に暮らせる木の家をご提供する浜松の工務店・田畑工事です。

今回は前回(9/8「木」のプロにお話をうかがいました!~その1~)に引き続き、

当社が普段からおつきあいしている「不動川材木店」の小池社長に

当社の木の家づくりや木の家の魅力についておうかがいします。

IMG_9441_re  IMG_9435_re

————————

Q:『田畑工事』の木の家づくりについて、どんな感想をお持ちですか?

 

A:「雨楽な家」に代表されるように、無垢材をふんだんに使っているところがすごくいいと思いますね。

それは、木をたくさん使ってくれると材木店が儲かるからという意味ではなくて(笑)、

もちろんお客様の建てた後の暮らしを考えて、という意味ですよ。

IMG_2386  6_IMG_4529

 

Q:建ててからの暮らしというと、木の心地よさとか、調湿性とか、経年美とか・・・?

 

A:そういうことももちろんですが、メンテナンスのしやすさもポイントです。たとえば、

「建具」ひとつとってみても、新建材でできた既製品の建具は便利で安いですが、

その建具専用の金具を使っているので、実は修理や交換が大変なんです。

でも、無垢材で造った創作建具の場合は昔からよく使われている金具を使ってつくるので、

修理や交換もお客様ご自身が割と簡単にできるんですよ。

つまり、造りが単純なだけに、メンテナンスも簡単で自分でできるので安上がりなんです。

それに、新建材は日が当たると段々表面のラッピングがめくれてきてしまいますが、

無垢材はそんなことはありませんから、長持ちもしますよね。

確かに、無垢材を使って造作の建具はイニシアルコストがかかりますが、

長い目で見るとメンテナンスや取り換えが便利で、費用も新建材より安いし、

しかも無垢独特の高級感も味わえるので、ぜひおすすめします。

玄関  玄関

 

Q:逆に、木で建具や建物をつくる場合のデメリットはありますか?

 

A:木は常に呼吸をしているので、湿気が強いと膨張し、弱いと縮みます。

たとえば、真冬は湿気が少ないので床の木材が縮んで隙間がどうしてもできてしまいます。

一方、梅雨時や夏は湿気が多いので木材が膨張し、床板が盛り上がって波打ってしまうこともあります。

それは自然のことなので仕方がないことなのですが、木の種類や使い方、

施工時期によっても隙間の生じ方に差が出ます。つまり、つくり手が木のことをよく知っていないとダメなんです。

腕のいい大工職人は、建物の完成時期が夏か冬かによって板を張るときの間隔のとり方などを多少変えています。

その点『田畑工事』さんは腕の良い熟練の大工さんが仕事をされているので、

お客様も安心して家づくりをまかせられると思いますよ。

 

Q:木の床や柱を手入れするときにおすすめな方法はありますか?

 

A:スギもヒノキも雑巾を使って乾拭きする程度で大丈夫です。

水を使うとしても固く絞って使ってください。

乾拭きを続けるだけで徐々に木の艶が出てきます。

ヒノキもスギも、拭いているうちに木に含まれる脂(あぶら)が出てきて、

浮造り(うづくり)のように木目がくっきりと目立ってきます。

簡単な手入れを続けるだけでどんどん味わいが増していくのも、木の家ならではの魅力だと思います。

 

 

・・・「不動川材木店」さん、どうもありがとうございました。

『田畑工事』は、これからもお施主様に末永く愛される木の家をご提供していきたいと思います。

 

————————

◆田畑工事HP

http://www.tabatakouji.biz/

 

◆雨楽な家HP

http://www.urac.ne.jp/index.html

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.09.08「木」のプロにお話をうかがいました!~その1~

浜松地域で一戸建ての注文住宅を手がける地域密着型工務店・田畑工事です。

私たちは天然木をふんだんに用いた「木の家」づくりを手がけています。

当たり前のことですが、「いい家」をつくるには、「いい木材」が不可欠です。

そのためには、木の目利きにすぐれた信頼のおける材木店とのおつきあいがなによりも大事です。

 

そこで今回は、『田畑工事』が普段からおつきあいしている「不動川材木店」の小池俊雄社長に

「木」のことや当社の木の家づくりについてお話をうかがいました。

「不動川材木店」は社屋が当社のすぐ近くにあり、

木のことでわからないことなどがあると気軽に声をかけて相談できる間柄です。

IMG_9441_re  IMG_9446_re

—————–

Q:御社は「不動川」という社名が特徴的ですが、その由来は?

 

A:「不動川」というのは、実は浜松市天竜区春野町を流れる気田川の支流のことなんです。

私の祖父が不動川の流域で製材業を始め、浜松に出張所を設けていたのがきっかけで、

父の代から現在の下池川町を本拠地にして材木を卸す仕事を始めました。

『田畑工事』さんとも、もう20年以上のお付き合いになりますね。

 

Q:主に扱っているのはどんな材木ですか?

 

A:地元の天竜材、主にヒノキやスギを主に扱っています。

 

Q:ヒノキやスギの魅力はどんなところですか?

 

A:まず、ヒノキの一番の長所は虫がつかないことです。

「腐っても鯛」じゃないけど、ヒノキはたとえ表面が腐っても、中身は腐らないんです。

それは、ヒノキ特有の「ヒノキチオール」という成分が匂いを放ち、虫を遠ざけるからです。

しかも、同じヒノキでも、特に幹の芯に近い赤みの部分の方が腐りにくいんですよ。

そういう材は20~30年どころか、100年以上長持ちします。

 

Q:材木に「節」があるのを気にする人もいますよね?

 

A:そうですね。でも、実は節がないよりもあったほうが木は長持ちするんです。

なぜなら、節がある材木は、木の芯の部分に近い部分にあたるからです。

先程お話ししたように、芯の部分の方が材木は硬くて丈夫で、長持ちします。

シロアリにも強いし、変な癖も出てこないし、家づくりには最適だと思いますね。

でも節がポコっと抜けてしまった「死に節」というものや、あまりにも大きな節は例外ですがね。

ddm_4667_0219.  吹抜・リビング

 

Q:それらの特性はスギも同じですか?

 

A:そうですね。スギも芯に近い赤みの部分の方が長持ちします。

スギは柔らかくて、断熱性や吸放湿性にすぐれているという特徴があるので、柱・梁といった構造材や下地材、

室内の床・壁・天井から外装・デッキ、桶・樽といったものまで幅広く活用できます。

 

・・・・・さすがは木のプロ。木についてわかりやすく教えていただけました!

次回は引き続き、不動川材木店さんに、当社の木の家づくりや木の家の魅力についておうかがいします。どうぞお楽しみに。

 

—————–

◆田畑工事HP

http://www.tabatakouji.biz/

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム