浜松 家づくりブログ浜松 家づくりブログ

吹き抜けが寒い家・後悔する家にさせない新築時の寒さ対策

吹き抜けを寒い家・後悔する家にしない新築時の寒さ対策

 

家づくりの計画中には、明るく広々したイメージのある吹き抜けのある家にしたいと思われるご家族が多い一方、実際に吹き抜けのある家に住む人の中には、寒い、仕切りをつけたくなる、サーキュレーターやシーリングファンが必須などの後悔の声が聞かれることも現実です。

 

それなら、吹き抜けのある家はすべて寒いのか?と言えば、そんなことはありません。冬でも暖かく過ごせる吹き抜けのある家は数多く存在します。吹き抜けのある寒い家と、吹き抜けのある暖かい家の違いが分かれば、吹き抜けがあると寒い家になる理由がわかります。

 

 

吹き抜けがあると寒い家になる理由① 断熱性と気密性が不十分

 

自然素材に包まれた空気環境が良い家

自然素材に包まれた空気環境が良い家 袋井市 M様邸

 

築年数の長い家や、低価格な分譲住宅に見られるケースは、吹き抜けの造る広い空間に対して、十分な断熱性と気密性を備えていないという理由が挙げられます。屋根、外壁、床、開口部の面や隙間からの熱の出入りが多いと、暖房の熱を家の中に留めておけません。

 

それでも、居室が細かく分かれていれば、それぞれの居室の中ではある程度の冷暖房は効くでしょう。しかし、吹き抜けやスキップフロアなど、広い空間に対しては、冷暖房が効率よく働きません。その為、吹き抜けを設ける間取りにする場合には、断熱性と気密性を高める必要があります。

 

もう一つ、断熱性を高める上で重要なポイントは窓です。実は、家に出入りする熱の半分以上は、屋根や壁ではなく窓を通ります。その為、どんなに屋根や壁、床の断熱性を高めても、窓に断熱性がなければ、住宅全体の断熱性は向上しません。吹き抜けを設ける場合には、樹脂サッシとトリプルガラスが理想的です。比較的温暖な浜松においては、樹脂複合サッシとLow-E複層ガラスという選択肢もあります。

 

参考サイト YKKAP 快適な家づくりにはガラスの断熱化が大切

 

自然素材に包まれた空気環境が良い家

 

施工事例

 

吹き抜けがあると寒い家になる理由② 暖房を間取りが邪魔している

 

自然の恵みで爽やかに暮らす家 「雨楽な家・爽」

自然の恵みで爽やかに暮らす家 「雨楽な家・爽」磐田市O様邸

 

住宅の暖房とは家全体を暖めることを指します。暖房ができている家なら、吹き抜けがあっても寒い家にはなりません。しかし、暖房のできない家は、吹き抜けを設けると寒い家になってしまいます。暖房ができる家にする為には、間取りが重要な鍵を握っています。

 

日本の家では、長い間、暖房とは呼びながら採暖という方法で部屋を暖めてきました。家族がいる部屋だけを暖めるという方法です。もっと昔は、囲炉裏や炬燵、近年はエアコンで、それぞれの部屋を暖めたり涼しくしたりしてきました。子供の頃にドアを開けっぱなしにすると寒いから閉めなさいと注意された記憶がある人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、現在は採暖ではなく本当の意味での暖房をする住宅が増えています。本当の意味での暖房ができる家にする為には、家の中の空気を循環させる必要があります。その為、暖房が効率よく働くかどうかは間取りに関わってくるのです。

 

本当の意味での暖房をする住宅とは、家中の温度が均一に保たれる家です。採暖の家は、暖房をしていない部屋や廊下、玄関、洗面所などは寒く、暖房をしている部屋だけが暖かいので、家の中に温度差が生まれます。そのような家では、吹き抜けのある家は、寒い家になってしまいます。反対に空気の循環する家では、吹き抜けが空気の循環に役立ち、より暖房の効率が向上します。

 

空気が循環する家にする為には、吹き抜けの他に、建具に格子やランマを採用する、パッシブデザインを採り入れる、居室を細かく区切らないなどの設計と間取りが求められます。空気が循環する家では、吹き抜けが暖房効率に対して良い影響を与え、採暖の家では、吹き抜けが暖房の効率を低下させるのです。

 

また、高い場所からの陽射しの暖かさを十分に室内に採り入れられることも吹き抜けの強みです。夏は深い軒で日射を遮蔽し、冬は十分な陽射しを採り入れられる間取りの家は、それだけでも暖房の効率が上がります。せっかく吹き抜けを設けても、冬に十分な陽射しが得られない、または、夏に太陽の熱が家の中の温度を上昇させるというような間取りでは、吹き抜けの良さが活かされません。吹き抜けの良さを活かし、吹き抜けのデメリットを生み出さない為には、設計と間取りが重要です。

 

■ 家族の健康を守り快適な生活を生む室内環境には、温熱環境が大きく関わっています。

コラム 温熱環境を大切に考える家づくり

 

施工事例

 

吹き抜けを活かす暖房の方法 寒さ対策にサーキュレーターやシーリングファンは要らない

パッシブデザイン

 

パッシブデザインを基本に考えた空気を循環させる間取りの家には、全館空調が最適な方法です。全館空調には、いくつかのタイプがあり、導入時に高額な費用がかかるタイプも少なくありません。しかし、タイプによっては床暖房と変わらない程度の費用で導入でき、暮らし始めてからの光熱費を大幅に抑えられる全館空調もあります。

 

それはパッシブデザインの家に向けたパッシブエアコンです。パッシブデザインとは、自然の恵みを活かす設計の方法です。太陽の暖かさと明るさ、自然の風を家の中に採り入れ、深い軒や窓の外の落葉樹などで日射を遮蔽することによって、快適な環境を創るという考え方です。

 

■ 軒には、室内環境を向上させ、暮らしやすい家にする働きと、住宅の構造美を際立させる効果、住宅の健康を守る役目があります。

コラム 軒のある家の暮らしやすさ

 

パッシブエアコンの魅力

パッシブデザインに合わせて開発されたエアコンがパッシブエアコンです。暖かい空気は上に昇り、冷えた空気は降りていくという空気の性質と、家の中の空間を繋げる設計を活かして、家の中の温度を調えます。小屋裏に設置し、ダクトを通して家中に温かさと涼しさを循環させます。

 

家の中の温度が均一

 

エアコンをつけている場所とつけていない場所、エアコンをつけている時間帯と止めている時間帯の温度差が生まれません。吹き抜けのある家は足元が冷えるから床暖房が必須というような声が聞かれます。しかし、パッシブエアコンならその必要はありません。顔だけに温風が当たって熱いのに足元は冷えるというような部分的な温度差も生まれないからです。

 

季節の変化に応じた快適な室温

 

パッシブエアコンの家では、冬は小屋裏に設置されたエアコンで温められた空気がダクトを通り床下へ送られ、床に設けられた吹き出し口から暖かい空気が室内に放出され、家中が均一に暖められます。夏は天井に設けられた吹き出し口から冷気が放出された冷たい空気がゆっくり下へ移動し、家中が涼しくなります。その為、季節の変化に応じ、24時間を通して、家の中すべてが常に快適な温度に調えられます。この空調の方法は吹き抜けと非常に相性が良く、吹き抜けがあることによって寒い家になるどころか、より快適な家が実現します。

 

省エネ効果が高い

 

パッシブエアコンは夏・冬は24時間連続運転が推奨されています。この方法には、1日中快適な温度が維持されるだけではなく、省エネ効果もあります。家族がいる場所、家族がいる時間帯に限定してエアコンを付けたり消したりする方法は、光熱費が嵩みます。加えて、各部屋にエアコンを設置しなくてはなりません。同じ時間帯に、子供部屋、リビング、書斎など複数台のエアコンを稼働させると、より光熱費が嵩みます。パッシブエアコンは、省エネ住宅にぴったりな室温調整の方法です。

 

参考サイト パッシブエアコンのある暮らし

 

 何時までも安心して暮らせる家であることと、心地よい環境の調った家、そして生活のしやすい家であることです。この中のどれが欠けても、快適な家は実現しません。この3つのポイントを全て備える為には、どのように家づくり計画を進めていけばよいのでしょうか?

コラム 快適な家が生み出す家族の幸せ

 

■ 断熱性、気密性を高めることは必要ですが、それだけではなく、自然のエネルギーを採り入れるということも大切です。日本の住宅は、昔から、自然と共存して生きていくことを基本に造られてきました。その日本の住宅の造り方にも繋がるパッシブデザインと、パッシブデザインの家ならではの全館空調パッシブエアコンについて、考えてみませんか?

コラム パッシブデザインの家をさらに省エネ+快適にするパッシブ エアコン

 

施工事例

 

浜松で家族の暮らしに寄り添った自然素材の家を造る工務店

 

田畑工事は、「ご家族が生涯を通じて、健康・快適に暮らせる住まい」
という創業以来の想いを基に、家づくりをしています。

 

自然素材で建てられた家、一世代だけで終わる家ではなく、子や孫の代まで、心地よく暮らせる家、家族それぞれのライフスタイルに寄り添った家をお考えであれば、ぜひ田畑工事のモデルハウス見学や家づくり相談においでください。

 

 

 

浜松工務店