浜松 家づくりブログ浜松 家づくりブログ

zeh 住宅とは?zeh 住宅にすると暮らしはどうかわるの?

 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

 

近年、住宅の断熱性能が向上していることや、国が省エネ住宅への推進をしていることなどから、zeh 住宅で家づくりを計画する方も増えてきています。zeh 住宅にすると、暮らしの質は向上し、暮らし始めてからのランニングコストが抑えられます。その一方、建築時には費用が嵩むという面もます。

 

費用面以外には、他の省エネ住宅との違いがよくわからない、そもそも省エネ住宅にするべきなのか?といった疑問もあるのではないでしょうか?家が完成してから、zeh 住宅にしていく方法もありますが、新築時に計画できるなら、より良いzeh 住宅にでき、費用も抑えられます。zeh 住宅に関する疑問を解決し、判断の参考にしていきましょう。

 

省エネ住宅の特徴

自然素材に包まれた空気環境が良い家 認定長期優良住宅

自然素材に包まれた空気環境が良い家 袋井市 M様邸 認定長期優良住宅

 

省エネ住宅とは、個々の家庭が生活していく上で、消費するエネルギーを減らすことを目的とした住宅です。消費エネルギーの中でも、冷暖房に消費されるエネルギーは、非常に多くを占めます。その為、省エネ住宅には、エネルギーの使用を抑えて、快適な室温を創り出せる住宅の断熱と気密、そして日射遮蔽が求められます。

 

断熱と気密

消費エネルギーを抑えて、最適な室温を調える為には、家に出入りする熱の量を減らす必要があります。家に出入りする熱とは、夏の日射熱と冬の暖房の熱です。夏は、太陽の熱を家の中に侵入させず、冬は暖房の熱を逃がさなければ、最小限の冷暖房で、快適な室温が調います。

 

太陽の熱も、暖房の熱も、面と隙間から出入りします。面とは、屋根、壁、床、窓、玄関や勝手口のドアなど、家の外側を包む部分です。隙間とは、床と壁、壁と天井、配管回り、サッシ、換気扇などの部分に存在する隙間です。

 

面からの熱の出入りを妨げる働きをする性能が断熱性、隙間からの熱の出入りを妨げる働きをする性能が気密性です。断熱性と気密性が高くなればなるほど、熱の出入りが少なくなり、冷暖房に使うエネルギー消費量が抑えられます。

 

ただ、高断熱・高気密の家を建てる場合には、計画換気も同時にしなくてはなりません。断熱性と気密性だけを高めると、構造部分に内部結露が発生し、住宅の耐震性を損ねることになってしまうからです。

 

日射遮蔽

 

日射熱は、冬には暖かさを届けてくれるありがたい存在ですが、夏は室温を上昇させます。特に、断熱性と気密性の高い住宅では、いったん熱を採り込んでしまうと、その熱は室内に留まってしまいます。その結果、室温が上昇すればするほど、冷房の効率が低下し、消費エネルギーは増えていきます。その為、夏の室温を調える為には、断熱性を高める以外に、深い軒、窓の外側に設けるオーニングなどの日射遮蔽ができる家が求められます。

 

省エネ住宅の種類

 

家族のかたちにつくる家 uracand ウラクアンド大壁(認定長期優良住宅)

家族のかたちにつくる家 uracand ウラクアンド大壁 浜松市中区S様邸(認定長期優良住宅)

 

zeh 住宅は、国の定めている省エネ住宅の中で、最も高い省エネ基準を備えた住宅です。省エネ住宅には、その他にも、トップランナー基準、誘導基準低酸素住宅、住宅性能表示の省エネ基準(断熱等級4)がありますが、zeh基準が目指すべき採集の水準とされています。

 

住宅トップランナー基準

 

住宅事業建築主の供給する建売戸建住宅の省エネ性能向上を促す為に設けられている基準です。

 

参考資料 建築物省エネ法に基づく住宅事業建築主基準(住宅トップランナー基準)について

 

低炭素建築物の認定基準

 

住宅の省エネルギー基準に定められている一次エネルギー消費量と比較して、一定の比率以上の削減がなされている住宅、または、CO2の排出量が標準的な住宅よりも一定以上削減されているとも認められた住宅が、「低炭素建築物」と認定されます。

 

省エネ基準(断熱等級4)

 

認定長期優良住宅に求められる断熱等級です。建築物省エネ法は、省エネ基準の強化を目的に改正が重ねられていています。省エネ基準(断熱等級4)は、平成25年制定され、次世代省エネ基準として、当時は最高レベルでした。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

家族のふれあいを大切にした家 ZEH+長期優良住宅

家族のふれあいを大切にした家 袋井市T様邸(ZEH+長期優良住宅)

 

個人が建てる戸建て住宅での省エネ性能は、省エネ基準(断熱等級4)→低炭素建築物の認定基準→ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)という順になっていることがお分かりいただけたと思います。それではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、どんな住宅なのでしょうか?

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、使うエネルギーと創るエネルギーの消費量をプラスマイナス0、またはそれ以上にすることを目指す住宅です。具体的には、断熱・気密性を高め、日射遮蔽をする能力を、大幅に向上させる、省エネ家電や、高効率な設備システムを採用して、エネルギーの消費量を減らすという2つの省エネ要素と、再生可能エネルギーを導入するという創エネ要素を兼ね備えた住宅です。

 

ZEHは快適な暮らしができる家

 

ZEHの魅力は、エネルギーに関わることだけではありません。暮らしの快適性にも大きく関わります。高断熱・高気密・日射遮蔽が備わっている家では、家の中全体が、魔法瓶のような状態になります。その為、間取りの造り方と空調の選び方によっては、家の中に温度差が生まれません。冷暖房をしている部屋と廊下や玄関の温度差、冷暖房をしている時間帯としていない時間帯の温度差がなくすこともできます。

 

このような環境は、快適なだけではなく、家族の健康にも大きく貢献します。子育て中には、室温が安定していることで、子供の健康が維持できます。また、家を建てる時には、若いご夫婦も、数十年後には高齢になっていきます。そうなった時に、家の中での熱中症や、冬場の入浴中に発生率の高いヒートショックなどのリスクが低下します。

参考資料 国土交通省 「健康省エネチラシ」

 

ZEHは家計に優しい家

 

ZEHには、暮らし始めてからの光熱費を抑えることも繋がります。新築時には、一般的な住宅よりも建築費が嵩みますが、数十年に渡り、光熱費が抑えられることを考えると、経済的効果が高いという良さがあります。

 

ZEHは自然災害に強い家

 

ZEHの創エネによって受けられる恩恵は、エネルギーが作れること、売電してローンのサポートをするだけではありません。台風や地震などの自然災害が発生した際に、電気の供給が止まってしまっても、太陽光発電などで創った電気を蓄電しておけば、電気を使えます。

 

ZEHが申請できる補助金やポイントについて

 

ZEHを新築する際に、補助金や、ポイントを申請できる制度があります。

 

環境共創イニシアチブ ZEH補助金

 

個人で条件を満たしたZEHを新築すると、補助金を申請できます。条件の一つは、登録されたZEHビルダーが施工すること、もう一つは、自らが居住する戸建て専用住宅であることです。また、性能が高いZEHになるほど、補助金の額が上がっていきます。

 

登録されたZEHビルダーが施工すること

 

工務店やハウスメーカーの中で、一般社団法人環境共創イニシアチブに登録しているZEHビルダーの建てたZEHだけが、補助金を申請できます。したがって、ZEHで家づくりを計画される場合には、施工先選びが重要です。

 

補助金の額

 

ZEHには、ZEH、ZEH+、次世代ZEH+の3種類があります。

 

ZEH 

省エネ基準から 20%以上消費エネルギーを削減できる

 

ZEH+ 

ZEHより、省エネ性能が高く、25%以上消費エネルギーを削減できる

外皮性能のさらなる強化・高度エネルギーマネジメント(HEMSなど)・電気自動車への充電のうち2つ以上を実地する

 

次世代ZEH+

ZEH+に加えて、V2H設備・蓄電システム・燃料電池・太陽熱利用温水シのいずれかを導入する

 

参考資料 ZEH – 国土交通省

 

グリーン住宅ポイント

 

高い省エネ性能等を有する住宅を建てる場合、グリーン住宅ポイントの申請ができます。基本ポイントは、400,000ポイントです。2002年(平成14年)12月16日以降に誕生した子供が3人以上いる家庭や、三世代同居の二世帯住宅には、60万ポイントが加算され、合計100万ポイントが発行されます。

 

ポイントは、商品と交換したり、生活の向上に役立つ追加工事に充てたりすることができます。

 

参考サイト グリーン住宅ポイント      

 

田畑工事は、ZEHビルダーです。ZEHと同時に、パッシブデザインの考え方、日本家屋や自然素材の良さに着目し、ご家族の日常を、より豊かに育む暮らしやすい家を建ててきました。ZEHでの家づくりを検討する際には、ぜひご相談ください。

 

浜松で家族の暮らしに寄り添った自然素材の家を造る工務店

 

田畑工事は、「ご家族が生涯を通じて、健康・快適に暮らせる住まい」
という創業以来の想いを基に、家づくりをしています。

 

自然素材で建てられた家、一世代だけで終わる家ではなく、子や孫の代まで、心地よく暮らせる家、家族それぞれのライフスタイルに寄り添った家をお考えであれば、ぜひ田畑工事のモデルハウス見学や家づくり相談においでください。

 

 

浜松工務店

このコラムを見た人は、
次のコラムもチェックしています。