浜松 家づくりブログ浜松 家づくりブログ

自然素材にこだわるオーダーメイドの家づくり

オーダーメイドの家

浜松市北区 J様邸

 

家は長く暮らす場所です。もうすぐ誕生してくる、子供の為に建てる家であれば、生まれてくる子供が成長し、結婚して、子供が生まれても、3世代で一緒に暮らし続けられるほど長く暮らせる場所です。

 

さらにその子供が、将来家を受け継ぐかもしれません。

 

そんなに長く暮らす場所である家は、「ずっと暮らしやすさが続く家」にしなくてはなりません。

 

オーダーメイドの家づくりは、子や孫の代まで、暮らしやすさが続く家を実現する家づくりです。

 

 

 

長く快適に暮らせる家に求められること

 

この世の中に、家族の数があるだけ、異なった条件を備えた、暮らしやすい家があります。

 

家族構成や、家族の暮らし方、価値観、家庭の経済は、家族によってそれぞれ違うからです。

 

自分たち家族の事情に合わせた家こそが、家族にとっての理想の家ではないでしょうか?

 

オーダーメイドの家づくりでは、ご夫婦それぞれの「自分たち家族の家に対する希望」を採り入れて計画されます。

 

ふんわりと何となく持っている、こんな家で暮らしたいなあ…という想いを、実現するために、長く快適に暮らせる家に求められることを、具体的に整理してみましょう。

 

子供がいくつになっても家族みんなで仲良く暮らせる家にしたい

 

雨楽な家・爽

自然の恵みで爽やかに暮らす家 「雨楽な家・爽」磐田市O様邸

 

家を建てるタイミングは家族によって違いますが、のびのびと子育てをしたいという想いから、家づくりを決心されるご夫婦は少なくありません。

 

常に見守りが必要な就学までの期間には、家事をしながら子供が見守れる間取り、就学してからは、キッチンで食事の支度をしているお母さんと、一緒に宿題ができるような間取りが必要です。

 

そして、子供が成長してからは、子供の帰宅や外出が把握できる間取り、家族の自然な触れ合いが途切れない間取りが、子供がいくつになっても家族みんなで仲良く暮らせる家を実現します。

 

そのような間取りにするためには、キッチンとダイニング、リビング、そして玄関、階段との位置関係が重要です。

 

キッチンが対面キッチンで、キッチンとダイニング、リビングと繋がっている間取りは、キッチンでの作業中でも、子供の見守りができます。

 

敷地の形状との兼ね合いで、直線に並べるケースや、L字型に並べるケースがありますが、子供が視界に入らなくなるスペースを生まないことが大切です。

 

また、子供が、一人で外出できるような年頃になった時のことを考えると、玄関とリビングの位置関係も考える必要があります。

 

玄関から直接子供部屋に行けるような間取りにするよりも、リビングを通って子供部屋に行く動線が作られた間取りの方が、家族の自然な触れ合いが生まれやすく、子供の行動も把握できます。

 

また、広さと明るさなど、リビングの居心地の良さを確保することも大切です。

 

家にいる時間はリビングで過ごす、という家族が増えていますが、そこにはどんな理由があると思いますか?

 

両親と一緒に過ごせるからという他に、自分の部屋より広々として居心地が良いからという理由もあります。

 

子供がまだ小さいうちは、子供が中学生、高校生になった時、どんなふうに、リビングで過ごしたいと思うようになるのかはわかりません。

 

ただ、リビングでは家族がそれぞれ好きなことをして過ごす、という家族が増えていることを考えると、ある程度の広さが必要なのではないでしょうか?

 

同時に考えたいことは、日当たりの良さです。

 

子供たちが成長すると、リビングでの家族団らんは、日が落ちてからの時間帯になるかもしれませんが、子育て中には、母親と子供は、日中ずっとリビングで過ごします。

 

陽射しの溢れるリビングでの毎日は、子供の心と身体を健康に育みます。

 

また、共働きで、子供たちも、塾や習い事で帰宅時間が遅いとしても、休日には、日当たりの良いリビングでの団欒ができます。

 

このリビングを、常に居心地よくさせておくもう一つのポイントは、自然に片付く部屋にしておくことです。

 

玄関からリビングに直行できる間取りは、家族の自然な触れ合いを生む間取りであると同時に、リビングに物が溢れやすい間取りでもあるからです。

 

玄関、または玄関からリビングまでの間、リビング内のどこかに、家族で使える大型の収納があれば、リビングに物が溢れず、常にすっきりと居心地の良い状態を維持できます。

 

冬は暖かく夏は涼しい家にしたい

 

パッシブデザインの家

自然素材に包まれた空気環境が良い家  袋井市 M様邸

 

電気やガスを無駄に使わず、季節の変化に応じて、常に最適な室温を維持できる家は、快適であり、家族の健康を守る家でもあります。

 

そのような家にするための方法として、断熱・気密性を高めることと、パッシブデザインを採用することがあげられます。

 

家の中の温度が、外気温に影響を受けないようにするためには、住宅に出入りする熱を最小限にする必要があります。

 

その働きが、断熱・気密性です。

 

夏は、太陽の熱を侵入させず、冷房の涼しさを逃がさない、冬は暖房の熱を逃がさず、外の冷気を侵入させないという働きです。

 

屋根や天井、外壁、窓やドア、床からの熱の出入りを抑える断熱性と、隙間風をなくす気密性を備えることが大切です。

 

この働きを、より高める設計が、パッシブデザインです。

 

パッシブデザインとは、太陽の光と熱、地域によって異なる性質を持つ風を活用して、住宅の室内環境をより向上させる設計の手法です。

 

太陽の光で、家の中を明るくする、太陽の熱で、家の中を暖かくする、太陽の直射熱を遮蔽して、夏の室内の温度上昇を抑える、家の中に、地域を吹き抜ける風の通り道を作り、風通しを良くするということを、電気やガスなどのエネルギーをできるだけ使わずに行うのです。

 

晴れた日の日中は、照明をつけなくても日常生活が滞りなく送れる、冬は太陽の暖かさを採り入れる、風通しを良くするために、計算された位置に窓を設けます。

 

夏の強い日射熱を、家の中に侵入させない為に深い軒を設けたり、窓の前に落葉樹を植えたりします。

 

そしてパッシブデザインで設計された家には、パッシブエアコンが導入できます。

 

パッシブエアコンとは、冬には暖かい空気を、夏には涼しい空気を循環させ、家の中の全ての場所を、同じ温度に維持する全館空調システムです。

 

冬は暖かく夏は涼しい家は、断熱・気密性とパッシブデザイン、そしてパッシブエアコンの組み合わせで、完璧に実現します。

 

住まいの快適さを向上させる自然素材

 

自然素材内装の家

クールでスタイリッシュな外観イメージの家 浜松市浜北区 M様邸

 

パッシブデザインと自然素材はとても相性の良い組みあわせです。

 

自然素材の持つ性質が、室内環境をより良くする働きをするからです。

 

木材や畳、塗り壁には、蓄熱性があります。

 

冬の昼間、採り入れた太陽の暖かさを蓄え、日が落ちて、室温が落ちてくると、その熱を放出します。

 

加えて、およそほとんどの自然素材には、調湿性があります。

 

空気中の水分が多くなりすぎれば吸収し、少なくなりすぎれば蒸散するという性質です。

 

この性質は、室内の湿度を調整する働きをします。

 

夏は、湿度が高まれば高まるほど、暑さは不快な暑さに変わり、体感温度が上がります。

 

冬は、乾燥すればするほど、汗が蒸散しやすくなり、身体の熱が奪われるので、体温も体感温度も下がります。

 

しかし、自然素材内装の部屋では、室内の湿度が適切に調整されているので、夏は空気がサラッとして、暑さが不快にならなくなります。

 

冬には、体感温度が下がることがなく、乾燥による肌や喉粘膜の炎症も起きにくくなります。

 

自然素材には、調湿性や蓄熱性、見た目の美しさの他に、室内の空気に化学物質をまき散らさないこと、間接に負担を与えない適度な柔らかさがあることなど、たくさんの良さがあります。

 

その良さを活かし、断熱・気密性の高さやパッシブデザインと組み合わせることで、より理想の住宅に近づきます。

 

この他にも、オーダーメイドの住宅には、いくらでも家族の好みや価値観を反映させることができます。

 

長い期間を過ごす家は、たくさんの下調べをして、納得がいくまで、家族とも施工を依頼する工務店とも話し合いをし、丁寧に造り上げていくことが大切です。

 

浜松で家族の暮らしに寄り添った自然素材の家を造る工務店

 

田畑工事は、「ご家族が生涯を通じて、健康・快適に暮らせる住まい」
という創業以来の想いを基に、家づくりをしています。

 

自然素材で建てられた家、一世代だけで終わる家ではなく、子や孫の代まで、心地よく暮らせる家、家族それぞれのライフスタイルに寄り添った家をお考えであれば、ぜひ田畑工事のモデルハウス見学や家づくり相談においでください。

 

 

浜松工務店

このコラムを見た人は、
次のコラムもチェックしています。