浜松 家づくりブログ浜松 家づくりブログ

注文住宅の家づくりでよく聞く規格住宅とは?

田畑工事,規格住宅,エラベール

 

「注文住宅なのに規格住宅ってどういう意味なのかしら?」

 

「規格住宅とは、どこまで自由に注文できるの?」

 

注文住宅で新築の家を建てようと考え、家づくり計画を始めると、注文住宅の中に、規格住宅というプランに出会うことがあると思います。

 

規格住宅は、注文住宅の中でも、比較的住宅の購入費用が抑えられることが多く、限られた予算内で、家づくりを進めやすいプランが多数あります。

 

「でも、価格が抑えられる理由がわからないと不安」

 

「一般的な注文住宅のように、自由な間取りにできないのでは?」

 

費用を抑えられることに対して、魅力を感じる一方、不安に思う部分もあるのではないでしょうか?

 

そんな不安をなくすため、規格住宅とはどのような住宅なのか、どのような手順で家づくりが進められていくのかということについて、確認していきましょう。

 

家づくりの方法

 

新築住宅を手に入れる方法には、主に3つの方法があります。

 

外観デザイン、内装、間取り、住宅性能など、家づくりに必要な要素を、すべて自分たちの思うままに計画できる注文住宅

 

ある程度の規格があり、その中で、自分たちの希望を実現する規格住宅

 

すでに完成している建売住宅の3つです。

 

最も自由度が高い家づくりの方法は注文住宅です。

 

自由度が高いということは、選択肢が豊富にあるということです。

 

デザインや間取りだけではなく、外観や内装に使う建材、住宅の性能、住宅設備機器など、すべて自分たちの希望した通りの家が完成します。

 

ただし、完成までには、長い道のりが必要です。

 

家づくりの為の情報集めから始まって、施工を依頼する工務店との打ち合わせを、繰り返す期間が長いからです。

 

多くの場合、1年近い期間をかけて、自分たちの家が完成します。

 

間取りや外観にこだわりがある場合には、注文住宅は、うってつけの家づくりの方法ですが、その一方、大変な家づくりでもあります。

 

「選択肢が多すぎると、何から始めてよいのかわからない」

 

「家づくりのためにかけられる時間が少ない」

 

というような事情の方もいらっしゃるでしょう。

 

そのような事情のある場合の家づくりは、完全な注文住宅よりも、規格型注文住宅や、建売住宅が向いていると考えられます。

 

建売住宅は、すでに完成しているので、すぐ入居できます。

 

自分たちが希望している地域にあれば、土地探しもせずに済むので、最も楽な家づくりです。

 

ただし、家づくりの自由度は全くありません。

 

すでに作られている間取りに、家族の生活を当てはめる家とも言えます。

 

外観デザイン、内装、住宅性能など、すべてに満足できる建売住宅と出会えれば、時間と手間をかけず、自分たちの家を手に入れられます。

 

「適当と思われる建売住宅を探し回るより、注文住宅で、家族が暮らしやすい間取りの家、家族の好みに合う外観デザインと内装の家にしたい」

 

という想いがあり、

 

「暮らしやすい家にするため、ある程度の土台があった方が助かる」

 

という考え方であれば、規格住宅が最適な家づくりなのでしょうか?

 

規格住宅の価格が注文住宅より抑えられる理由

 

田畑工事,規格住宅,エラベール

 

注文住宅では、一棟一棟に対して、設計をし、耐震性を確保するため、構造計算をします。

 

一方、規格住宅では、設計と構造計算を、すべての住宅に対して応用できます。

 

その部分で、設計や構造計算にかかる時間と費用が抑えられます。

 

「価格を抑えるために、耐震性などの住宅性能を、安全確保ギリギリの基準にしているのでは?」

 

と不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、規格住宅は、確実な構造計算の上、十分な耐震性能を持つ家として企画されています。

 

また、注文住宅では、希望に合わせた建材や、住宅設備機器を調達します。

 

入手が困難な建材や贅沢な建材、ハイグレードな住宅設備機器を希望されれば、その分建築費は嵩みます。

 

一方、規格住宅では、建材や住宅設備機器は、価格帯が決められていることに加えて、一括で仕入れるので、建築費が抑えられます。

 

規格住宅の価格は、デザインや間取りの違いにかかわらず、坪数に応じて決められています。

 

その価格に、オプションを選んだ場合には、オプション料金が付きますが、全体としての費用は、非常に明確です。

 

完全な注文住宅の場合、要望を出せば出すほど、建築費が嵩み、予算内で納めるための打ち合わせに、時間がかかりますが、規格住宅の場合、そのようなことはありません。

 

規格住宅の家づくりの特徴

 

田畑工事,規格住宅,エラベール

 

規格住宅では、坪数に合わせて、数種類の外観と内装、間取りが用意されています。

 

外観デザインと内装の組み合わせ方は自由です。

 

好みと土地の形状に合わせて選びます。

 

規格住宅で注意しなくてはならない点は、土地の形状と周辺の環境です。

 

例えば、同じ坪数の家であっても、高低差のある土地や変形地、隣家や道路との位置関係によっては、建築が難しい場合もあるからです。

 

変形地とは、正方形や長方形ではない土地のことです。

 

間口が狭く、奥に土地が広がっている旗竿のような形状の土地、平行四辺形、三角形などの土地は、変形地です。

 

このような形状の土地には、規格住宅が当てはまらないこともあります。

 

したがって、土地探しから始める場合には、先に規格住宅を依頼する工務店を探し、一緒に土地選びをするという手順が、安全な家づくりの進め方です。

 

外観デザインと内装に関しては、完成イメージを見られるので、好みのデザインを見つけやすいという特徴があります。

 

「暖かい感じの外観デザインにしたい」+「木を使ったナチュラルな雰囲気の部屋にしたい」

 

「スタイリッシュな外観デザインにしたい」+「シンプルなインテリアにしたい」

 

などの希望に沿った組み合わせを選べます。

 

「夫婦だけの暮らしなので、コンパクトな家にしたい」

 

「三世代が一緒に暮らすので、部屋数に余裕のある家にしたい」

 

というような希望に対しても、間取りが、複数用意されているので、その中から家族構成、家族の暮らし方に合った間取りを選べます。

 

「インナーバルコニーのある家がいいな」

 

「畳コーナーが欲しい」

 

というような希望に沿う間取りもあります。

 

完全な注文住宅と比較すると、間取りの自由度は下がってしまいますが、多数の間取りプランの中から、その場にいながらにして、家族に合った間取りが選べます。

 

建売住宅をあちこち移動しながら回って、家族の好みと暮らし方に合った家を見つけるより、ずっと楽に探せます。

 

田畑工事の規格住宅 エラベール

 

田畑工事,規格住宅,エラベール

 

田畑工事の企画商品 エラベールは、お客さまのご予算と、好みのデザインや間取りに合わせた多彩なプランを持つ規格住宅です。

 

エラベールの特徴

 

■ 自由に選べる外観デザインと内装インテリア

 

■ 20坪から35坪まで坪数別の7つのプラン

 

■ 省コストでもセミオーダー

 

家族の為の家を建てるということは、一生の一大事あり、非常に高額な買い物でもあります。

 

どんなに暮らしやすい家、素晴らしい外観と内装の家、高い住宅性能を持つ家が完成したとしても、住宅ローンに圧迫されるような生活になってしまえば、新しい家での生活には、ゆとりがなくなってしまいます。

 

規格住宅は、無理をせずマイホームの夢をかなえる住宅です。

 

家族の暮らし方に合った間取りを選び、家族の好みに合う外観デザインと内装を選び、さらに、要所々々に自分たち家族の好みを採り入れ、家族にぴったりの家を実現できます。

 

田畑工事,規格住宅,エラベール

エラベールについて詳しくはこちらからご覧ください。

 

浜松で家族の暮らしに寄り添った自然素材の家を造る工務店

 

田畑工事は、「ご家族が生涯を通じて、健康・快適に暮らせる住まい」という創業以来の想いを基に、家づくりをしています。

 

自然素材で建てられた家、一世代だけで終わる家ではなく、子や孫の代まで、心地よく暮らせる家、家族それぞれのライフスタイルに寄り添った家をお考えであれば、ぜひ田畑工事のモデルハウス見学や家づくり相談においでください。

 

logo