ニュース&ブログニュース&ブログ

2016.07.27地盤改良について

家づくりは基礎工事着手前に地盤調査(6/17付地盤調査の記事をご参照ください)を行い、

支持地盤までの深さ・土質・近隣建物等の状況・金額面などを考慮し、地盤補強が必要な場合

(不動沈下・液状化の防止及び保証)は、補強方法をご提案しお施主様とお打合せの上実施

いたします。当社はベタ基礎を標準仕様としておりますが、上記検討をした上で補強が必要な

場合もあります。

当社の施工例より各種地盤補強方法をご紹介します。

1.栗石による表層改良(浜松市中区M様邸)

表面の土の鋤取り               径20cm程度の鋭角に割った石敷き詰め

150114 009 150114 002 

 栗石敷き詰め+転圧             粒径の小さい砕石で隙間埋め+転圧

150119 004 150119 002

 

 

2.柱状改良(浜松市西区I様邸)

柱状改良全景                 杭施工先端オーガ      

IMG_1490 IMG_1506

完了

IMG_1497

 

3.鋼管杭(浜松市中区M様邸)

作業全景              鉄杭材料

131219 071 131219 070

現場溶接による杭長調整

131219 081

 

4.砕石パイル(浜松市西区S様邸)

作業全景                    深さ・径確認

140212 037 140212 040

現状土質確認                  砕石パイル

140212 041 140212 045

砕石パイル完了

140212 052

 

それぞれの工法にメリット・デメリットの特徴がありますので、またの機会に工法毎に詳しく

ご紹介したいと思います。