施工実績施工実績

選択中カテゴリ:自然素材を使った家

瓦、木材、畳、塗り壁などの自然素材は、日本の風土気候に合った優れた素材です。

スタイルから探す

地域から探す

スタイルから探す

地域から探す

【 自然素材を使った家 】

住宅に使う建材には、科学的に合成された素材と自然素材があります。

 

科学的に合成された素材には、掃除がしやすい、汚れにくいなどの利便性が高く、自然素材に比べて安価という特徴があります。

 

一方、自然素材には、視覚的な要素と、室内環境に関わる要素に関して、非常に優れた特徴があります。

 

住宅に使われる自然素材の種類

 

自然素材は、屋根、構造部、内装などあらゆる場所に使われます。

 

瓦 

 

粘土を原料とし、釉薬を塗った後、焼成して仕上げる粘土瓦、釉薬を塗らずに仕上げるいぶし瓦などがあります。

 

日本の住宅の美しさの一部である瓦は、高い耐久性、防火性、防水性、
日本の風土気候に合った耐性の高さを備えています。

 

適切な手入れがされている瓦は、100年以上葺き替えをせず、使い続けられます。

 

天然の木材

 

住宅に使われている木材には、天然の木材と集成材があります。

 

天然の木材は、伐り出した木をそのままカットした木材、

 

集成材は、乾燥させた天然の木材をカットし、接着剤で張り合わせた木材です。

 

天然の木材には、集成材とは違った良さと特徴があります。

 

住宅に使われる天然の木材の中には、桧・杉・松・ヒバなどがあり、使用する場所に合わせた樹種が選ばれます。

 

構造部、天井、軒下、壁、床、造作家具など、あらゆる場所に使われます。

 

樹種によって異なる色合いと風合いの美しさ、香りがあり、内装の雰囲気に大きな影響を与えます。

 

和風な家にも、洋風な家にも馴染む素材です。

 

 

日本の住宅で昔から床材として、使われてきた素材です。

 

畳床は稲ワラ、畳表にはい草が使われています。

 

塗り壁

 

消石灰に糊とワラや紙などのスサを混ぜ、水で練り合わせた漆喰、

 

植物性プランクトンが海や湖の底で化石化した珪藻土は、どちらも天然の塗り壁材です。

 

天井、壁に使われます。

 

和紙

 

コウゾ、ミノマタなどから作られた日本に昔からある製法で作られた紙です。

 

日本の伝統色が多く、色と風合いの美しさがあります。

 

田畑工事では、木製建具に和紙を貼る際には、ノンホルマリン接着剤を使っています。

 

自然素材に共通する特徴

 

日本の住宅に昔から使われてきた自然素材には、湿度の高い日本の風土気候の中で、室内環境を調える性質があります。

 

調湿性

 

空気中の水分を調整する性質が、湿度の高い季節には、室内をジメジメしないように、乾燥する季節には、潤いのある空気にするように働きます。

 

この働きによって、高温多湿な季節には、カビの発生を抑え、乾燥する季節には、喉や皮膚に潤いを与えます。

 

汗ばむ季節に畳や、フローリングの上を、裸足で歩いたり寝転がったりしても、ベタッとしない理由は、この調湿性があるからです。

 

蓄熱性

 

陽射しや暖房の熱を蓄える性質が、温もりを持たせるように働きます。

 

冬の季節に、畳やフローロングの上を歩いたり、塗り壁に触れたりしても、ヒヤッとしない理由は、この蓄熱性があるからです。

 

断熱性

 

熱を伝えにくい性質が、住宅の断熱性を補助します。

 

真夏や真冬には、冷暖房が必要ですが、気候の良い季節には、窓を開けて心地よく過ごせます。

 

弾力性

 

跳ね返るような硬さがないので、日常生活での動作が、身体に負担を与えません。

 

まだ伝い歩きをしている子供や、高齢者が転んでしまっても、深刻な事故に繋がりにくい床です。

 

きれいな空気

 

科学的に合成された建材の中には、健康を害する恐れのある物質を空気中に揮発させるものもありますが、自然素材にはその懸念がありません。

 

反対に、細菌の発生を抑える働きがあり、きれいな空気の維持に役立ちます。

 

美しさ

 

自然素材は、そのそれぞれが、自然の持つ色合いと風合いの美しさを持っています。

 

その為、自然素材が使われた内装は、上質で、清潔感のある雰囲気を作り出します。

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム