浜松市で地震に強い家や木の家のことなら田畑工事

ニュース&ブログニュース&ブログ

2016.01.07高温多湿の日本の気候風土に適した工法・つくりは?

「木造軸組工法」の真壁づくり・大壁づくりについて簡単に説明します。

「木造軸組工法」とは主に柱や梁といった軸組(線材)で支えられる、木構造のひとつです。

日本の伝統工法を発展させてもので「在来工法」ともいわれます。

面で支える2×4工法に比べ、窓の位置や大きさなどに制限が少なく、間取りを自由にアレ

ンジできます。後々に増改築する際にも変更がしやすく、ライフステージの変化にも柔軟

に対応できます。

 

「真壁づくり」とは構造材の柱や梁がそのまま化粧材として壁の表面に表れている壁のつ

くりをいいます。木の表面が空気に触れるため、呼吸を妨げられず、調湿力を発揮でき、

無垢の柱材の変形も少なくなります。

木の材質が持つ良さを引き出すことができる構造だと考えます。

だだ、デメリットとして、金額が高くなりがちであり、壁の厚さが大壁に比べ薄いの

で、断熱材の厚さや柱の色あせ、傷などに検討を要します。

 

「大壁づくり」は構造体を壁面で覆うため、柱材を化粧材として出さず、フラットで

モダンな壁面を構成でき、金額も真壁づくりに比べおさえられます。

デメリットとしては、無垢の柱や梁を使う場合、木が呼吸をしにくいので、壁内部の

木の材質や変形に検討を要します。

真壁大壁説明

「真壁と大壁のどちらがよいか?」と聞かれる事が多いので、簡単にそれぞれ

のメリット・デメリットを述べさせていだだきました。

 

2016.01.07「和風」だけにとどまらない自由なデザイン

伝統工法である「木造軸組・真壁づくり」は畳敷きに障子の「和室」はもちろん、色々な部屋、スタイルにマッチします。

150918 033

窓や開口部を大胆にとれるのも木造軸組み工法の特徴です。

IMG_9396

障子紙を破れないポリカーボネート板にして光を取り込む室内をよりスッキリとした印象に。

IMG_9312

ダインニングテーブルも無垢材でコーディネート

100_0753

キッチン廻りを大壁にして、床を水に強いタイル張りにするなど

違う素材を組み込むと、一気にモダンな印象に変わります。

 

 

2016.01.06乾燥するほどに強くなる木を活かす。

法隆寺

現存する世界最古の木造建築「法隆寺」をはじめ何世代もの間受け継がれる神社・仏閣。

神社・仏閣の建築には「桧」が多く用いられています。

桧は伐採してから200年間いっそう強度がまし、1000年かけてゆっくりと伐採した当時と

同じ強度に戻っていくと言われています。

木材は呼吸し、乾燥するほど強くなっていきます。

細胞内の水分が蒸発・結晶化することで耐久性が高まるのです。

その木を正しく選び、組み上げ、強さを活かしているのが、職人技の「木造軸組工法」「真壁づくり」です。

何百年と続く美しさ、力強さが、伝統工法の素晴らしさを証明しています。

 

2015.12.28無垢の桧・杉と暮らすということ。

コーティングされた傷のつかない床や柱。変わらずキレイな家も楽でいいけれど。

家族と共に表情を変え、日々成長する「無垢の気と暮らす」のもとても楽しいと思います。

IMG_9326

2015.12.17冬季休暇のお知らせ

12月29日(火)〜1月5日(火)は冬季休暇とさせて頂きます。

 

緊急の場合は090-3853-5968(田畑)までお電話ください。

 

何卒よろしくお願いします。

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム