浜松市で地震に強い家や木の家のことなら田畑工事

ニュース&ブログニュース&ブログ

2017.05.17お打合せについて

 

お打合せについて

「田畑工事さんでお願いする場合、何回程度打合せをするの?」
と聞かれる事があります。

当社では、契約前と契約後にそれぞれ5~10回程度の計10~20回
程度の面談でのお時間を頂戴しています。


もちろん、お忙しい方や夜間しかお時間を取れない方もいらっし
ゃいますので、メールやFAXでの図面等のやりとりをご希望される
方もいますが、可能な限り面談でヒアリングをさせていただき、
ご提案やアドバイスをさせていただきたいと思っています。

それには、お家の事に関して、考える時間を共有して、お施主様
のライフスタイルや価値観を知ることが重要です。


お打合せでは、お施主様のご意向をくみ取る事、疑問や不安な点
を解消して、プロとしての適正なアドバイスをすることを常に考
えています。

ショールームでのお打合せ風景

CIMG4758.JPGaxtusyuku

 

2017.04.20雨楽な家&の上棟

昨日までの強風がおさまり晴天の中、浜松市中区S様邸の上棟式

を無事執り行うことができました。

S様邸は「雨楽な家&(アンド)」の認定長期優良住宅のお家です。

「雨楽な家」は全て真壁(柱が見えている壁)と引戸を多用した

和風住宅の特徴を持ちますが、「雨楽な家&」は大壁(柱が見え

ない壁)で開きの建具を多用した計画で、ライフスタイルの変化

に対応して改装しやすい構造で計画しています。

(主に外周の構造壁で耐震等級3を確保できます)

CIMG4746

CIMG4739

大壁ですので、洋風のデザインにも対応しやすいお家です。

また、今回も固定階段付きのロフト(6帖)を計画いたしました。

CIMG4734

お施主のS様、ご親族の皆様おめでとうございました。

今後のともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

2017.04.07「雨楽な家」のユーザー様宅を訪問しました!(浜松市西区 O様邸)

浜松地域で一戸建ての新築を手がける地域密着型工務店・田畑工事です。

今回はユーザー様のお宅訪問の話題です。

 

浜松市西区に住まいのOさんご一家のご新居は、「雨楽な家」シリーズの一戸建て。

ご家族3人で住まう延床39坪の木の家です。

無垢の杉板張りの天井と漆喰の壁、無垢桧の板張りの床をベースに、

土佐和紙や洗い出しの土間などの自然素材をふんだんに使用。

木の香に包まれた真壁造りのシンプルでオシャレな空間が、落ち着きと心地よさを感じさせます。

tabata_170407

 

では、Q&A形式でインタビューの内容をご紹介します。

 

入居してからの住まい心地は?

良好です!

 

②1番気に入っているのはどんなところですか?

妹が趣味のお菓子作りをしやすいように動線や収納を工夫したキッチンや、

家事動線が便利な水回りが特に気に入っています。

 

現在の暮らしの中で不便さや不都合さを感じるところはありますか?

モップや掃除機など背の高い掃除道具をしまう場所を、玄関や洗面に設けておけばよかったです。

 

「ここはこうすればよかった」と思うところはありますか?

玄関収納をもう少したくさんとれればよかったです。

コンセントの位置も事前に使い勝手をもっとよく考えておくべきでした。

 

家事や生活(入浴、洗面、移動など)はしやすいですか?

しやすいです。

 

各部屋や住宅設備、造作家具などの使い勝手で気になる点はありますか?

2階の照明に常夜灯を設けておけばよかったです。

食器棚は棚の数がもう1、2段多くてもよかったかもしれません。

玄関収納も、靴箱が入るように横幅をもっと広くすればよかったと思います。

棚を2段位にして上部を引き出しにしてもよかったかな…と思います。

 

収納スペースは足りていますか?

必要な箇所に充分な収納が確保できています。

 

暖かさや寒さ、風通し、日当たりなどの快適性はどうですか?

高気密・高断熱の構造により、基本的に室内は暖かいですが、

寒い時に暖房をつけてもなかなか暖まらない気がします。

 

住まいのメンテナンスでお困りのことはありますか?

床の間にたまるホコリやゴミが気になります。

 

竣工後の当社のアフターサービスにはご満足いただいていますか?

はい。満足しています!

 

田畑工事に対するご要望や、家づくりを振り返ってのご感想はありますか?

いつもよく話を聞いていただいて、とても助かっています。ありがとうございます。

 

計画当初に思い描いていた通りの暮らしが実現できていますか?

できています。

 

⑫これから家を建てられる方にアドバイスするとしたら?

見学会はできるだけ沢山行った方がいいと思います。

プランニングでは実際の暮らしをシミュレーションしながら、

特に水回り・収納・コンセントの位置をじっくり考えることをおすすめします。

 

O様、貴重なご意見をいただき誠にありがとうございました。感謝しております。

ご指摘いただいた点は、今後の家づくりにしっかりと反映させていきます。

 

自然素材に囲まれて、趣味や自分時間をゆったりと楽しみながら日々の暮らしを満喫されているO様ご一家。

これからもご家族の皆様が快適かつ健康に毎日を送れるように、住まいのサポートを徹底していきますので、

どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

 

◆田畑工事HP施工実績ギャラリー

http://www.tabatakouji.biz/case/

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.03.31「雨楽な家」の中間(構造)見学会を開催します!

家族が末永く健康に暮らせる木の家をご提供する浜松の工務店・田畑工事です。

今回は、4月3(月)~9(日)まで開催予定の「中間見学会」についてお知らせします。

 

中間見学会は、美しくオシャレに仕上がった完成見学会に比べると決して見映えのする見学会とはいえません。

また、お客様からすれば、現場のどこを見て、何を質問すればいいかさえよくわからないかもしれません。

しかし田畑工事では、「住宅を検討する際には、施工途中の段階を確認することこそが一番重要」だと考えています。

 

見学会は1時間、後悔は一生。

建物ができあがってからでは、構造は確認できません。完成前にぜひ構造の確認をしておきましょう。

 

田畑工事の中間見学会では、次のようなことがわかります。

①住宅は基本的にどのような内容で構成されているのか 

②どのような材料を使っているのか。または、どのような造りをしているのか 

③雨漏りなどの心配がなく、耐震性・気密性・断熱性に優れた長寿命の家を実現するために、どんなところが工夫されているのか 

 

中間見学会では実際の建物以外に材料のピースやサンプルを使って、それぞれのメリット・デメリットをわかりやすくご説明します。

chukan_01     chukan_02 

今回の会場は着工して約2ヶ月。5月に完成予定の建築現場です。

建物の見どころとしては、

■延床30坪の「コンパクトな造り」 

■バイクいじりが好きなお施主様の趣味の空間を兼ねた「広い土間空間」 

■プライベートを確保するために、①南面の開口部を少なく、②軒を深く、③高窓から明るさを確保、④北側に掃出し窓を設置 

・・・などが挙げられます。

 

中間見学会には事前にお電話またはHPでお申し込みいただき、期間内のご希望日・ご希望時間をお知らせください。

皆さまのご参加をお待ちしています!

 

■雨楽な家の中間見学会

・開催日 4月3(月)~9(日)

・時間 ご希望に応じます

・場所 浜松市中区 遠鉄上島駅前

 

中間現場見学会のお申し込みはこちらから!

http://www.tabatakouji.biz/contact/

または

TEL:053-479-3711(田畑工事)

営業時間:8:00~18:00

 

◆田畑工事HP

http://www.tabatakouji.biz/

 

◆田畑工事 事務所兼ショールーム

住所:浜松市中区城北1-7-12

TEL:053-479-3711

営業時間:8:00~18:00

定休日;不定休

2017.03.29完成見学会のお礼

先週の完成見学会、会場を提供したいただいたお施主様と、ご来場いただ

いたすべての方に感謝いたします。

誠意を持って対応させていただいたつもりですが、ご説明が不足していた

点もあるかと思います。

疑問な点やわかりにくかった点等ございましたら、メールか電話でのご連

絡もしくは当社ショールームへお越しいただければ、幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

CIMG4494.JPGsyukusyaku

CIMG4493.JPGsyukusyaku

CIMG4497.JPGsyukusyaku

CIMG4503.JPGsyukusyaku

2017.03.14地鎮祭

浜松市中区西伊場町でS様邸の「地鎮祭」を執り行いました。

地鎮祭に限らず、祭事は吉日に行われるのが一般的です。

当社でもお施主様のご都合と、吉日カレンダーなどから地鎮祭に適

する日をお打合せさせていただき決定いたします。

お施主様のなかには、「全く気にしない」とおっしゃられる方もい

ますが、「三隣亡」(三軒隣まで滅ぼす)という日もありますので

お施主様ご自身は気にされなくとも近隣の方が気にされる場合もあ

りますので配慮が必要と思います。

今回は3月9日の午前中とさせていただきました。

 

3月カレンダー

CIMG4449.JPG圧縮

お施主様による初鍬入れです。

少し照れながら鍬入れをされるS様とご家族皆様のなごやかな雰囲気

の中で滞りなく進行いたしました。

CIMG4451.JPGaxtusyuku

誠実にいいお仕事が出来るように頑張ります。

S様おめでとうございました。

 

 

2017.03.07現在進行中の「雨楽な家」

現在3棟の新築のお家を施工中です。

模型写真3棟

全て地域型グリーン化事業の補助金を利用した認定長期優良

住宅なので、耐震等級3などの性能面での共通点は多いのです

が、3棟共注文住宅ですので、建物形状以外にも、使用材料な

どの仕様は違います。

袋井市T様邸  :ZEH仕様+認定長期優良住宅

浜松市中区T様邸:認定長期優良住宅

浜松市中区S様邸:認定長期優良住宅(大壁仕様)

同じ「雨楽な家」でもそれぞれ特徴がありますので、

お施主様のご許可がいただける範囲内で、ブログや見学会を

通じ、特徴をご紹介していきたいと思います。

 

 

2017.02.22雨楽な家(認定長期優良住宅)上棟

本日は浜松市中区上島にて「地域型住宅グリーン化事業」の長寿命型を採用した

「認定長期優良住宅」の上棟を行いました。

地域型グリーン化事業とは、性能の良い住宅には補助金がいただける国のありが

たい施策です。

CIMG4414.JPGaxtusyuku

断熱材の施工精度を上げるために、プレカット工場で断熱材を挿入した耐力

壁パネルを採用しています。

CIMG4419.JPGaxtusyuku

CIMG4416.JPGaxtusyuku

片流れ屋根に固定階段付き小屋裏収納を計画しました。

CIMG4422.JPGaxtusyuku

お昼にはお施主様のご厚意により昼食をごちそうになりました。

T様、ありがとうございます。

上棟おめでとうございました。

CIMG4430.JPGaxtusyuku

 

2017.02.21なぜ省エネが話題になるのか?

住宅の性能の中で、耐震性能と同様に断熱性能(省エネ性)が良く話題にのぼります。

国の施策で特に「省エネ対策」に力を入れているからなのですが、理由はいくつかある

と思います。

1.温暖化などの地球環境問題

2.災害時のエネルギー確保

3.人体への影響(健康面)

4.住宅そのものの耐久性

などが主な理由と考えられます。

これらの中で、地球環境問題へ与える影響となるとスケールが大きすぎてピンとこない方

も多いかもしれませんが、健康面での影響は身近な問題ですので、気になる方が多いので

はないでしょうか?

健康という視点で見る住宅性能のうち、血圧などが急激に変化するヒートショックが大き

な問題の一つとなります。

温度の高い部屋から温度の低い脱衣室やトイレなどに移動する事でおきると言われています。

年間1万5000人以上の方がお亡くなりになるとの統計があるようです。

また季節ごとの死亡率は夏に比べて冬がかなり高く、やはりヒートショックは防がなければ

いけない健康面での大きな課題の一つだと感じます。

しかし、部屋間の温度差を解消するには従来のエアコンなどの設備機器のみでまかなうのは

光熱費や維持費がかかりすぎますし、省エネの観点からも無理があります。

冷暖房設備機器の利用を最小限にしながら、部屋間の温度差が生じない断熱性能を求められ

る時代になってきていると思います。

 

 

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム