ニュース&ブログニュース&ブログ

2016.09.01長く住み続けられる家1

住宅に求められる性能には、耐久性、耐震性、気密断熱性、間取りの利便性などた

くさんの性能が求められます。

各性能を重要視するのは当然なのですが、それぞれの性能をつきつめていくと相反

する部分も多く、バランスが良い総合性能を得にくくなる場合もあります。

例えば、気密性・断熱性・省エネルギー性を追及すると、窓は少ない方が良いですし

内部の間仕切も多い方(個室が多い)が耐震性が基本的(耐震壁のバランスにもよる)

には増します。しかし、どんなに高性能な開口部(樹脂サッシやトリプルガラスなど)を

つけても外壁の性能にはかないませんし、窓自体も重くなります。

また、各個室の気密性がよいと省エネルギーやプライバシーの確保につながりますが

、ご家族間や外部とののつながりは薄くなりがちです。また窓をしめたまま、有害物質

を排除する計画が必要となり、給排気の機械換気(第一種換気)や熱交換型の換気設

備も必要になります。

長く住続けられる家にするには、熱貫流率(U値)や耐震等級などの物理的性能の検

討も大変重要ですがご家族コミュニケーションやつながりを感じられる家にする等、コ

スト面からも、バランスが良い住宅計画が大事だと考えます。

コミュニケーションを重視した間取り計画例

回遊性のあるプランS16090116370

吹抜を介した家族のつながりと通風計画例

吹抜けを介したつながり

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム