ニュース&ブログニュース&ブログ

2016.03.16住宅計画について2(家相)

住宅を計画する場合、家相を気にされる方は多いと思います。

そもそも『家相』って何でしょう。

数千年も前に中国で考え出された陰陽五行(おんみょうごぎょう)

などの学問が基になって発展した運命学です。

「自然のエネルギー」=「気」の流れる法則を長い歴史と経験か

ら統計的につかむことで、体に快適で住み心地が良く、しかも一家

が繁栄する吉相の家づくりを実現しようというもの。

先人の知恵、建築手法として、現代に通用るものも多くあります。

 

家相の見方

土地の吉方をみる地相もありますが、今回は住宅の家相の見方

のみ簡単にご紹介します。

 kasou 2 kasou1

1.家の中心を求める 

K

家の「張り」ち「欠け」

●張り・・・・・建物の一辺の長さの3分の1以内が出っ張っている場合

●欠け・・・・建物の一辺の長さの3分の2以内が欠けている場合

▼一般的に「張り」は吉相、「欠け」は凶相と言われますが、鬼門方位

 については「欠け」はもちろん「張り」も凶相といわれています。

▼自分の生まれ星の方位(十二支と九星の方位)の「張り」は吉相

※鬼門方位が自分の生まれ星になる場合は東南か西北のどちらか

を張りだせば吉相

①各階毎に中心を求める

②左右分離の完全独立型二世帯住宅はそれぞれを一戸の住宅

として中心を求める

2.正しい北方位を求める

K

3.正中線、四隅線、鬼門線をだす

K

4.二十四山方位を求め、鬼門をだす

K

5.九星方位を求める

K

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム