浜松市で地震に強い家や木の家のことなら田畑工事

家づくりについて家づくりについて

ロフト(小屋裏)のある暮らし

ロフトの一番の魅了は、通常では単なる屋根裏の断熱スペースが多目的に利用できる活用スペースに変わることです。

ただし、ただ単に部屋をつくるだけでは有効的な活用スペースとはいえません。

最近ではロフトを計画する方が多くなってきていますが、それでも一般的に普及しているとはまだまだいえないと思います。

 

その理由は

①屋根からの日射熱や下階から上昇する、熱気や湿気がこもりやすく、快適なスペースではない(サウナ状態になってしまう)

②昇降がはしごなどの場合、荷物の出し入れ等のアクセスが悪く便利とはいえない

③部屋としては明るさが不足

などが主な理由と考えられます。

小屋裏イメージ 

ゆえに、そのデメリットを解決できれば、非常に余った天井裏を利用した良いスペースとなります。

対策として、

デメリットの対策として当社がおすすめしている方法は

①断熱方法の見直し(天井裏断熱を屋根断熱工法に)

②窓(換気・採光)や換気扇(熱気抜き・空気の入替)等を適切に配置

③可能な限り固定階段をご提案

 

実例:磐田市K様邸・浜松市I様邸・浜松市J様邸

IMG_4485 DSC_9378 140126_0013

 

 

お問い合わせ・資料請求

facebook

インスタグラム